先輩ママとプレママのコミュニティマガジン「ミーツマグ」

妊娠 出産 子育て 先輩ママの体験談がいっぱい meetsmagのお話し広場 meetsmagのお話し広場

Vol.25 赤ちゃんの病気について 新米ママを不安にさせる赤ちゃんの体調不良や病気。予防法や対処法をできるだけ知っておきたい! Vol.25 赤ちゃんの病気について

赤ちゃんを襲う病気には、風邪や皮膚炎などの軽いものから、命にかかわる重篤なものまで、さまざま。どんな予防法があるの? いつもと様子が違う、と気づくポイントは? 病院に連れて行く目安は? 新米ママは不安でいっぱい! みんなで一緒に、赤ちゃんがかかりやすい病気について語っていきましょう。

1. 氏名 2. 年齢 3. 子供の年月齢 4. 職業 5. 在住地 

1. 加賀さん  2. 29歳  3. 2歳3ヶ月 女の子 4. 保育士  5. 東京都三鷹市 

突然のアレルギー発症でショック!

 娘が8ヶ月の頃、おやつにたまごボーロを食べさせていたら、すぐに大泣きしはじめ、眠いのかな〜ぐらいに思っていたの。そしたら顔が腫れだして、ものの2、3分で顔がパンパンに! かかりつけのお医者さんに駆け込んだら、血液検査の結果、卵、小麦、牛乳にアレルギーがあることが分かり、禁止令が。この3つがダメなら、一体何を食べさせればいいの?と絶望的な気持ちに。でも、それまでは、小麦や牛乳でアレルギー反応が出たことはなかったから、「なんで?」と、すがる思いで別の病院へ。そこで、「食べて大丈夫であれば引き続き食べさせてもOK」と言ってもらい、ホッ。数ヶ月後、おそるおそる少しだけたまごボーロを食べさせてみたら、アレルギー反応はなくなっていて。あのときセカンドオピニオンを求めたお医者さんが、今では娘のかかりつけのお医者さんに。色んなお医者さんの意見を聞いてみるのって大事だなと思ったよ。
1. 加藤さん  2. 32歳  3. 2歳3ヵ月 女の子   4. スタイリスト 5. 東京都渋谷区

保育園でもらってくるものが沢山!

 初めての病気は、保育園に入ってすぐ、風邪をもらってきちゃたの。そのときはただの鼻風邪で、熱が38度くらい出ただけだったけど、とにかく鼻水はこまめにとってあげると、治りが早い! 上手くとれない場合は耳鼻科で。ママが口で吸って鼻水をとってあげる器具を使う場合は、ママも必ずうがいして! 菌を吸い込んじゃうから、私もよく移されちゃってたんだ〜。保育園では、手足口病が流行ったときも、やっぱりもらってきちゃた。名前の通り、手足と口の中に湿疹ができる病気なんだけど、うちは手に湿疹ができたぐらいで軽くすんだんだ。でも、私も仕事してるし、保育園を一週間を休ませるのがかなり大変だった!
1. 黒田さん 2. 34歳  3. 3歳 女の子・1歳 男の子  4. 看護士 5. 東京都渋谷区

上の子からくる病気は防ぎようがない!?

 下の子がはじめての病気をしたのは、若干3ヵ月のとき。2歳違いのお姉ちゃんが風邪を引いてて、うつらないようにマスクをしたり、細心の注意払っていたけど、防ぎようがなくて。(泣) 病気の予防法としては、子供が吐いたりしても、慌てて病院へ連れて行かず、まずはお腹の様子などを確認することが、看護士の私からのアドバイスかなー。下の子を妊娠している時は、上の子がお出かけしたがっても、遠出はせずに近所で過ごしていたことが意外によかった。なるべく、菌をもらう環境にいかないことが大事。あとは、予防接種をきちんとうけること!
1.町田さん 2. 36歳  3. 10歳 女の子・8歳 女の子・5歳 男の子   4. 専業主婦 5. 埼玉県東松山市

親がちゃんと異変に気づいてあげるべき!

 次女が一歳のときに、水ぼうそうにかかっている事に気づいていない子供と遊ばせたら、そのとき一緒にいた子供全員が、水ぼうそうに感染してしまってビックリ! 威力の強い病気は、周りの子も巻き込んでしまうから、掛かってるかいないか、親は注意して見ておくことが重要だよね。次女は、2歳3か月だったとき、ただの風邪だと思い病院にもいかず様子を見ていたら、肺炎にかかり即入院となってしまって、そのときは、気づいてあげられなかった自分に落ち込んだなー。当時は私も三人目を妊娠中で、自分も付き添いで病院に寝泊りしなくちゃいけなくて、キツイ思いをした・・・。(泣)

1. 丸亀さん  2. 29歳  3. 2歳6ヵ月 女の子・4歳5ヵ月 女の子 4. 専業主婦 5. 広島県廿日市 

突然のけいれんでアタフタ!

 上の子が11ヶ月の時、家族で外出した帰り道のこと。なんとなくいつもより元気ないね~って主人と話していたんだけど、駅のホームでいきなり泡をふいてけいれんをおこしたの! どんどん青白くなっていく娘を見てあわてて、名前を呼びながらゆすったり、軽くたたいてみたりしたの。ちょうどその時居合わせた駅員さんがとても冷静で、救急車呼んでください!とお願いすると、初めてなの?と聞かれ、2回目3回目だったら呼ばないけど、初めてだったら呼ぶよ~と、慣れた対応。その駅員さんに、横に向かせて寝かせて、と指示され、救急車を待つことに。病院に着いてから、お医者さんに「けいれんで舌を噛むこともあるから、揺すっちゃダメなんだよ」と言われ、ゾッとしたよ。冷静な駅員さんが近くにいてくれて助かった~!
1. 宮崎さん 2. 39歳   3. 4歳7ヵ月 男の子 4. 自営業 5. 東京都品川区 

男の子の大事な部分、ちゃんと見てる?

 私、息子の6ヶ月検診のとき先生に、「片方の睾丸が降りてきていないけど、 あなた気づいていなかったの?」って言われたの! そんなの全然気にもしてなかったから寝耳に水、って感じで。睾丸がおりてこないで中に入っちゃっているのに気がつかないママ、けっこう多いんだって。いそいで専門医にみせたんだけど、「お風呂上がりなどの体があったまっているときに様子を見てください」って言われて。それからは、息子の体をちゃんと見れていなかった自分に猛省して、気にかけて観察。うちの場合、少しずつ降りてきていたから、手術はしなくて済んだんだけど、全然降りてこない場合は手術が必要らしいので、男の子のママは、気にしてみて! 先生曰く、気づいていないママのほうが多いんだって。
1.志村さん 2.35歳  3.10歳 女の子・7歳 女の子・4歳 女の子 4.専業主婦 5.東京都大田区

毎日の検温が病気の早期発見に!

 私は、長女の出産時に産院で指導された通りに、産後すぐからお風呂の 前に熱をはかるのを日課にしてたの。真面目でしょ?(笑) それが習慣になってたから、三女のときもそうしてたんだけど、産後二週間め、いつものように熱をはかったら39度! 最初は体温計が壊れているのかと思って3回はかり直したけれど、別の体温計を使っても39度で、慌てて大学病院へ連れて行ったんだ。検査の結果、尿路感染症と言われ、即入院! およそ一週間の入院生活に。男の子に多い病気と聞いていたので、女の子でもなるんだなぁ~って驚いた。毎日体温を測っていたから早く気づけたんだと思う。もっと手遅れだったら、と思うと、ゾッとしちゃう!
熱に強い菌にも
from mama この記事を読んで投稿してくれたママからの体験メッセージです
☆ 山田さん
1. 38 歳 2. 年月齢1歳 ヶ月 3. その他 4. 岐阜県 5. 6ヶ月 6. その他 紫斑病 7. 予防接種 8.   

毎日の観察を忘れないで

 3か月を過ぎる頃から予防接種が開始になりますが、予防接種による副作用には十分きを付けてください。って、いっても、このケースの場合は防ぎ様がないので、出来る事は早期発見ですが・・・。
ウチの場合、おそらく予防接種が引き金になり紫斑病になりました。この病気は血小板が急に少なくなる病気で、血液が止まりにくくなるという症状が見られます。予防接種の後1週間は身に覚えのない痣が出来ていないか、ひっかっききずは治りにくくなってないか注意してみることで重篤化が防げます。
めったにないことですが、自分の身におこってしまってから慌てないように、日ごろから変わったことはないかをよく観察する癖をつけておくようにした方が賢明です。
☆ 白川さん
1. 46 歳 2. 年月齢3歳 9ヶ月 3. 自営業 4. 東京都 5. 6ヶ月 6. 感染症 7. 予防接種 8. 有り 

病院での待ち時間が怖い

 病院で予約制でも待ち時間はあることが多いですよね、とりわけ今時期、インフルエンザとかノロとかちょっとした風邪で行って待ってる間に移ってしまうことを考えると行くのを躊躇してしまいます。私は熱がなく鼻水や咳などの症状のときは耳鼻科に行くようにしています。鼻水も吸ってもらえるし、耳垢も取ってもらえるし、あまり重症な患者さんがいないから移る心配も少なくて私には内科とかよりは安心感があります。私が行っている耳鼻科は予約制なのでそんなに待たないし、親切で子どもの患者さんにも慣れているのでよく行ってます。ただ熱があったり、下痢してたりだとそうは行かないで曜日でいつでも大丈夫なように何カ所かはかかりつけの病院を抑えています。
火曜日水曜日木曜日土曜日日曜は何処かが休みですから近所で行きやすく先生との相性も大事しから日頃から予防接種などしなから観て判断するようにしてます。また友人の口コミも助かってます。
☆ ゆきえさん
1. 38 歳 2. 年月齢 3歳 7ヶ月 3. 専業主婦 4. 埼玉県 5. 1ヶ月 6. 突発性発疹 7. 人ごみを避ける, 予防接種 8.  

まずは乳児湿疹から。

うちのコは肌が弱くて、ちょうどお宮参りの頃には吹き出してブツブツ。乳児湿疹は清潔を保ち、お風呂では石鹸でちゃんと顔も洗う等、指導されますが避けては通れない。

生後一ヶ月を過ぎるまでは、兄弟でも赤ちゃんに近づく度に手洗いをしてからじゃないと接近させないとか、兄弟間での感染にも注意をはらっていました。
☆ 遠藤さん
1. 36 歳 2. 年月齢2歳 6ヶ月 3. 専業主婦 4. 神奈川県 5. 3ヶ月 6.感染症 7. 予防接種 8. 有り 

 

ありがたいことに二人の子供は未だに大きな病気やアレルギー症状を発症したことがありません。
ただ下の子は退院直後から連れ回されることが多かったので早くから風邪をひいて鼻水ズルズルになっていました。 そこで活躍するのが鼻水を吸い取る道具。
私も恐れることなく使えたので大活躍だったのですが、本人はとても嫌だったようで、鼻のかみ方を教えたらその方が良かったようで、すぐにできるようになりました。
☆ すずきさん
1. 38 歳 2. 妊娠10ヶ月 年月齢2歳 11ヶ月 3. 自営業 4. 東京都 5. 6ヶ月 6. 感染症 7.   8. 地元の評判  

病気知らずなんですが、予防接種は受けられない

新生児の頃に黄疸だ出たぐらいで、それ以降男の子は病気になりやすいって言われてたけど病気しらずできました。
でもなぜか予防接種を受けに病院にいくと、あれあれ?熱が出たり突発などの症状が出ていたりとそののまま帰宅することが度々・・・注射がいやだったのかな?(笑)でも当時はまたか!で、がっがりしてましたね。
☆ ほしさん
1. 38 歳 2. 年月齢 2歳 2ヶ月 3. 専業主婦 4. 東京都 5.11 6.感染症 7. 予防接種 8.通いやすく信頼できるところ

熱性痙攣にゾクっ!

 1歳前後の冬は特に風邪をひいたり
肺炎で入院し院内感染でノロンウィルスになったり…
怖かったのは夜中に突然泣き叫び
抱き起こすとものすごい熱さ。
40°の熱でした。
そのあと引きつけを起こして白目をむいたのでギョッとしました。
こういうことがあると話で聞いていたので極端に慌てずにすみましたが、一人だったので不安で救急車を呼びました。
痙攣の様子や時間をきかれます。
難しいかもしれないですが
冷静に観察したり吐いたものをのどに詰まらせないように、顔を横に向ける必要があるようです。
病気にかかるとともに免疫がつくといいますが、、そうであって強くなって欲しいものです。

舌を噛まないように

☆ いくえさん
1. 34 歳 2. 年月齢1歳 4ヶ月 3. 専業主婦 4.  5. 2 6. アレルギー 7. 8. 家から近い, 評判が良い 

 

2人めの娘に初めてパンを食べさせた時のこと。旦那が卵アレルギーはあるけど誰も小麦アレルギーある人はいないから何も気にしていなかったら最初口元が赤くなり、荒れた程度かと思ったら30分後体全体が赤くなっていて。。。病院に行ってまっている間に吐いたら発疹はみるみるなくなり。調べてもらったら小麦とごまにアレルギーが有ることが分かりました。今1歳4ヶ月。1歳半になったら負荷検査をしてもらう予定です。

2人めということもあり最初は1さじずつということをしなかった自分に反省。。。娘にかわいそうなことをしました。
☆ 佐藤さん
1. 33 歳 2. 年月齢3歳 5ヶ月 3. 専業主婦 4. 東京都 5. 1ヶ月半 6. 感染症 7. 哺乳瓶、おもちゃの消毒, 人ごみを避ける, 予防接種 8. 家から近い, 評判が良い 

恐怖の熱性けいれん!

男の子はよく風邪を引くときいてはいたけど1歳前から鼻風邪から中耳炎をおこし、高熱をだすという悪循環が続きました(-_-;)
鼻水、よく吸っていたんですけどね~!
あまりに繰り返すので先生に聞いてみると赤ちゃんは鼻の管が短くかたちによってはどうしても中耳炎になりやすいとのこと。
電動鼻吸い器の購入を考えたほど(笑)

そして悪夢は1歳3ヶ月におこりました(>_<)
この時も中耳炎からの40℃をこえる高熱。救急病院での診察中に息子の様子が明らかにおかしいと思っていたらけいれんをおこしました。
全く意識もなく一点を見つめてけいれんしている我が子をみて本当に不安でたまりませんでした。
色々検査して大丈夫、と家に帰りましたが今度は自宅で2度目のけいれんを起こしてしまい救急車を呼びました。(病院に電話したらすぐ救急車よんでくださいと言われました)
後々話を聞くと1日に2回以上のけいれんは心配な病気の可能性があるとのことでした。
幸い、大事にはいたりませんでしたが、3日間の入院はきつかったなー(*_*)

私は元々、熱性けいれんの知識がありましたがそれでも震える思いだったし、動揺してしまいました。
脅すわけではありませんが(笑)知識をいれておくともしもの時に少しは落ち着いて対処できるかと思います。
☆ 井上さん
1. 39 歳 2. 年月齢2歳 7ヶ月 3. 会社員 4. 埼玉県 5. 0 6. アレルギー 7. 予防接種 8. 家から近い, 医師や看護師とのコミュニケーションが取りやすい, 夜間や休日など、診療時間の都合 

男の子ってわからない!

 同じような経験をされている方がいますね。
我が家も二人男の子。下の子が1ヶ月検診のとき、ソケイヘルニアの診断をうけました。それまで全く気がつかず、話をきいてからは陥頓(かんとん)にならないか心配で心配で・・・。
 手術をうけるにも月齢が小さかったので、手術できるようになるまではなるべく泣かさないように気を使ってました。泣くとお腹に力が入って、腸が袋の方に出てきてしまうのです。時間がたてば自然に戻るのですが、気が付いたときは戻してくださいと。
 ただ、どれぐらい力を入れていいのかわからず、なるべくパパに頼んでやってもらってました。
 手術の内容を聞いても、やはり自分にはない男の子の大事な部分。パパに同席してもらわないとよくわからなかった経験があります。
 上の子も包茎気味で、以前包皮炎とやらになったことがあります。洗い方などを聞いてもやっぱりピンとこない私。
 泌尿器科系に行くときはなるべくパパ優先でお願いしています。なんとなくは理解できても、やっぱり難しい男の子のカラダ。シングルママも、もし病院にいかなくちゃいけなくなったときは、お父さんなど一緒に行ってくれる男性がいると心強いかも と思いますよ。


【よろしければアンケートにご協力ください】
1. ママの年齢
 ・
2. 子どもの年月齢
 ・妊娠 ヶ月
 ・年月齢歳 ヶ月
3. 職業
 
4. 在住地
 

5. 赤ちゃんが初めて病気にかかった月齢
  ヶ月

6. 赤ちゃんが初めてかかる病気で最も心配になる事
 風邪アレルギー突発性発疹感染症その他
 その他の場合

7. 赤ちゃんの病気対策の為にしている予防(当てはまるもの全て)
 哺乳瓶、おもちゃの消毒人ごみを避ける予防接種その他
 その他の場合

8. かかりつけ医を選ぶ基準(当てはまるもの全て)
 家から近い小児専門医がいる評判が良い医師や看護師とのコミュニケーションが取りやすい夜間や休日など、診療時間の都合その他
 その他の場合
-------------------------------------------------

あなたの体験を募集しています

meetsmagではあなたのナマの声、体験を大募集!
こちらのフォームからご応募ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

画像の添付はこちら

※ 下に表示されたコードを入力してください
captcha