先輩ママとプレママのコミュニティマガジン「ミーツマグ」

妊娠 出産 子育て 先輩ママの体験談がいっぱい meetsmagのお話し広場 meetsmagのお話し広場

妊婦のストレス発散・リフレッシュ法 妊婦だって、ストレス溜まるんです! 上手にイライラを解消して、マタニティライフを楽しもう! Vol.33 妊婦のストレス発散・リフレッシュ法

妊娠すると、休職したり、スポーツや車の運転も以前のようにはできなくなって、行動範囲も狭まって生活がガラリと変わるもの。そんな中、ストレスを感じてしまったら、みんなはどうやって発散しているの? 一人カラオケ、ネットショッピング、ママ友と集まって夫の悪口大会!? 先輩ママたちがイライラを乗り切ったテクニック、妊婦におすすめのリフレッシュ方法を伝授します!

1. 氏名 2. 年齢 3. 子供の年月齢 4. 職業 5. 在住地 

1. 久野さん 2. 38歳  3. 7ヶ月 女の子 4. 美容師(休職中)  5. 東京都江戸川区 

続けていた接客の仕事が、自分へのエールに

 妊娠したら、体が疲れやすくなっちゃって、それまでのように出かけられなくなったのね。でも、体が思うように動かせないときは、「お腹にベビーがいてくれるんだ」って思うと、気持ちを切り替えられたんだ。ヘアサロンで接客業の仕事をしていたので、お客様と話す事がストレス発散にもなったし、先輩ママさんたちの話を聞ける環境だったから、アドバイスをもらいながら産後の子育てイメージを妄想しながら楽しんでたよ。お休みの日は、体調に無理のない範囲で旦那さんとお出かけしたり、友だちと集まって食事したりすることが気分転換になったかな!
1. 伊藤さん 2. 38歳  3. 6歳 男の子・4歳 女の子 4. 会社員 5. 千葉県船橋市

ヨガクラスで同志ができて楽しさ倍増!

 私は、妊娠初期につわりで吐き気と頭痛に悩まされて、それがかなりストレスだったんだ。もともとお酒が大好きだから、妊娠を機にやめなきゃいけないのも辛くて…。実は、けっこう飲んでストレス発散しちゃってた!(苦笑) まず、第一は、おしゃれをして外に出て人と話し、笑い合う事が一番のストレス発散ではないかと! 私自身は、出産直前まで・直後から仕事してたから、そういう機会が自然とあったのが良かったんだと思う。そして、第二は、体を動かすこと。私の場合はマタニティヨガだった。呼吸法をおぼえて、精神がリラックスした状態で体を動かせるのが、最高だったな。もちろん、レッスンにくる人はみんな妊婦だから、同じ立場の友だちとおしゃべりができるってことでもある。すぐにお互いの気持ちがわかり合えていいんだよね。マタニティヨガのクラスのみんなで過ごす時間は、私にとって本当に貴重だった。
1. 大橋さん 2. 32歳  3. 3歳 女の子 4. 専業主婦 5. 神奈川県横浜市

おこもり派はキッチンで趣味に没頭

 私は妊娠を機に仕事を辞めていたから、逆にストレスを感じることがなくなって、気楽なマタニティ生活が楽しめるぞー!って感じだった。(笑)初期からお腹が張りやすかったから、マタニティヨガみたいに、体を動かすことはドクターストップがかかっていたの。でも、家にこもっているからこそできること、働いているときにはやりたくてもできなかった、お菓子作りやお料理に没頭することで、気分がリフレッシュできたよ! ときどきは外に出て、友だちとランチやお茶をするのも、すごくいい気分転換になった。
1. 成川さん 2. 44歳  3. 8歳 女の子・5歳 男の子   4. 専業主婦 5. 東京都目黒区

食べ歩きで軽くなるストレス、重くなる体重…

 うちは上の子が女の子なのにやんちゃで活発で、よく動く子だったから、下の子を妊娠中は、身重の体では公園などで思いっきり遊んであげられなくて、子供も私もストレスに。遊び盛りの娘のエネルギーを発散すべく、体操教室に通わせてしのいでたけどね。私自身のリフレッシュは、ママ友とのランチ。産まれたらしばらくは外食もできないので、つわりがなかったのをいいことに、美味しいものを食べ歩いてたの。体重はかなり増えちゃったけど、おかげでイライラがつのることもなかったかな。

1. 成瀬さん 2. 39歳  3. 9歳 男の子・7歳 女の子・1歳7ヵ月 女の子 4. 自営業 5. 東京都渋谷区

好きなものを食べて、適度に体を動かす幸せ

 妊娠して一番のストレスは、活溌に動けないこと。一人目を妊娠したときに、つわりで出勤途中の満員電車の中で吐いちゃったことがトラウマになって、通勤ができなくなったの。で、仕事を休職することに。販売の仕事をしていたので、それまでは体型を気にして食事の量も制限していたんだけど、妊娠中は気にしないで何でも好きなだけ食べられた。我慢しないでいっぱい食べた経験は、楽しかったな! 食べた分はカロリー消費、とまではいかないけど、マタニティヨガをやっていたよ。普段使わないような筋肉をストレッチできて、先生が施してくれるデコルテへのアロママッサージにもに癒されたわ!
1. 中村さん 2. 35歳   3. 1歳 女の子 4. 会社員 5. 神奈川県横浜市

残酷描写がドロドロした気持ちをリフレッシュ!

 妊娠して何が辛かったって、通勤ね。私、新横浜から亀戸まで通ってたんだけど、妊娠初期に出血があったりして心配で、できるだけ体に負担をかけないように、毎日ほぼ新幹線で通勤してたの。もちろん、新幹線代は自費だよ。(泣)幸か不幸か会社は私に期待してくれていて、特別に遅めの出社を許されてたから、ラッシュアワーから少しズラすことはできたんだけど、それでも毎朝の移動はしんどかったな。おまけに、建設業なので残業が多く、会社には迷惑をかけたくない、とできないことを伝えられずに頑張っちゃったの。結局、あまりの忙しさに体調を崩して、産休予定より1ヶ月も前に入院してしまった。  家でも、日々変化する私に対して、何も変わらない夫との意識の違いでケンカばかり…。母親になるのだから、もっと強くならなくては、と自分を責めたり。色々な感情が混ざって、仕事も夫も自分も、バランス良く大事にすることができなかったの。唯一、そんな私を救ってくれたのが、読書。好きな本を読む時間だけ、頭がスッキリして、モヤモヤを忘れることができたの。推理小説が大好きで、殺人事件やら残虐な描写も多くて、「胎教に悪いかな〜」とも思ったけど、本ぐらい、自分が楽しめるものを選ばせて!と開き直って心底楽しんだ!
1.池田さん 2.32歳  3.3歳 男の子・0歳5ヶ月 男の子 4.専業主婦 5.神奈川県横浜市

日々の暮らしの中のスキマ時間を活用

 長男を妊娠中に、8ヶ月めから「切迫早産の危険あり」と診断されて、自宅安静の寝たきりになってしまった私。ストレス発散どころか、およそ60日間、横になりながらDVDやTVを見たり、雑誌を読んだりして、なんとか気を紛らわせて持ちこたえてたなぁ…。 二人目を妊娠中は、いわゆる“魔の二歳児”になった上の子の世話で毎日バタバタだったから、パパが休みの日によく上の子を連れて出かけてくれて、私が一人でいられる時間を作ってくれたのは、助かった! それでやっと息抜きができたなぁ~。あとは、大好きなお菓子を食べたり、子供を寝かしつけてから好きなTVをみたり、天気のいい日は散歩に出るとか、ほんとにちょっとしたことなんだけど、忙しい毎日の中でスキマの時間を見つけて、自分が「気分がいい」って思えることをやってたよ。
哺乳びん以外のマグも食器もまとめて消毒
from mama この記事を読んで投稿してくれたママからの体験メッセージです
☆ 吉住あさみさん
1. 32 歳 2. 年月齢 妊娠 4 ヶ月 5歳 6ヶ月 3. 専業主婦 4. 福岡県 5. 変わらない 6. ショッピング 7. 外出時の移動 8. 食べること

家でダラダラしちゃう

もともとかなりアクティブで、休日は家でじっとしているなんて、あまりなくて街に出掛けるのが好きだったのに、妊娠中は休日は家から一歩もでたくない‼一応化粧はして、出かけようと思いつつ、やはり気分がのらず、
もったいないなぁと思いつつ、ベッドでテレビをみるかスマホをするか昼寝するかで終わってしまう。
平日は子供の幼稚園の送り迎えや幼稚園のでごとや、夫の仕事の手伝い、病院に通ったりでそれなりに忙しくやることもあるおかげであまり辛いとは感じずそれなりに充実しているのに。
休日になると体調も悪く、全くする気がわかない。
かなり好きだった読書もする気なし。
たまーにショッピングに行っても、すぐ疲れるし、物欲も減った。
もっと休日を充実させたいなぁ。
☆ 山田さん
1.  2.  3.  4.  5.  6. 7.

ウォーキングでストレス発散

気候や体調の良い時に少し長い距離ウォーキングしてストレス発散してました。
田舎暮らしなら、季節を感じながら自然の中を歩くのも良いし、都会暮らしならば少し遠出をして新しいお店を探してみたり、ウィンドーショッピングをたのしんだり。「初めて歩く道を行く」を心掛けて歩くと、新鮮で楽しくストレス発散になります。是非お試ししてみてくださいな!
ウィンドーショッピングをたのしんだり。「初めて歩く道を行く」を心掛けて歩くと、新鮮で楽しくストレス発散になります。是非お試ししてみてくださいな!
☆ ほしさん
1. 38 歳 2. 年月齢 2歳 4ヶ月 3. 専業主婦 4. 東京都 5. 増えた 6. とくになし 7. 動きがセーブされること 8. 友達との集まり

話してスッキリ!

妊娠中、出産後とストレスを発散するのは
しゃべることでした。
妊娠中は産院で助産師学校の生徒さんが
個人的についてくれて
その人に不安や体調の悩み、主人のことまで!話せたのがなによりでした。
出産後は境遇同じのママ友さん。
外に出れない時期はうつうつしてました。その時は実家に電話してました。
出産てほんとに独特の体験。
経験や知識がない人に話しても共感がうすい。地域の妊婦さんや新米ママさん対象の集まりがあったら積極的に
参加することをオススメします!
☆ 井上さん
1. 39 歳 2. 年月齢2歳 8ヶ月 3. 会社員 4. 埼玉県 5. 増えた 6. お酒 7. 動きがセーブされること 8. 音楽鑑賞/映画鑑賞

結局家にこもってましたが

一人目も二人目も産休に入るまで働いていたので、通勤が一番辛かったかな。背が低いのでまわりの人にうずもれてしまい、後ろから見ると全く妊娠していると気づいてもらえず、席をゆずってもらえた回数なんて片手で足りるぐらい・・・。産休が待ち遠しくて仕方ありませんでした。
 そして、待ちに待った産休中、普段会えない友達と会ったりしようと張り切ってはいたものの、お腹が大きくてしんどいし、やたら眠いので、家で韓流ドラマ鑑賞&昼寝をして終わってしまいました。
 思ってたのとは違ったけど、通勤のストレスから解放されて、家でのんびりできたことが一番だったかなと思います。


【よろしければアンケートにご協力ください】
1. ママの年齢
 ・
2. 子どもの年月齢
 ・妊娠 ヶ月
 ・年月齢歳 ヶ月
3. 職業
 
4. 在住地
 

5. 出産前後のストレスの変化
 減った増えた変わらない元々無い

6. 妊娠を機にやめた事で、ストレスの原因となったこと
 

7.妊娠中にストレスに感じていたこと
 体調の変化産院等、人とのコミュニケーション外出時の移動動きがセーブされることその他
 その他の場合

8.妊娠中のストレス発散方法
 友達との集まり食べることスポーツ家事音楽鑑賞/映画鑑賞その他
 その他の場合

-------------------------------------------------

あなたの体験を募集しています

meetsmagではあなたのナマの声、体験を大募集!
こちらのフォームからご応募ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

画像の添付はこちら

※ 下に表示されたコードを入力してください
captcha