先輩ママとプレママのコミュニティマガジン「ミーツマグ」

vol.30 実はみんなが悩んでる!?授乳の仕方

Vol.30 実はみんなが悩んでる!?授乳の仕方

量は足りてる?正しい姿勢は?知りたい授乳のあれこれ

ミーツマグのアンケート調査でも、母乳で赤ちゃんを育てているママのほとんどが、授乳について疑問や悩みを抱えています。量や授乳時間の長さ、間隔、姿勢など、授乳について目安となるデータを知っておきましょう。

コツをつかんでゆったりと、授乳の時間も楽しもう!

量が目で見えないのが不安!?

 授乳は、どのくらいの量の母乳が出ているか目で見て確認することができないため、赤ちゃんの体重が増えないこと、よく泣くこと、あまり寝ないことなどを、「母乳が足りてないせいではないか」とつい心配してしまいます。適度な母乳量の目安としては、生後2週間くらいまでなら一回の授乳で70ml〜80ml程度。徐々に増えていって、生後一ヵ月で一回100ml程度飲めていればいいでしょう。ママの体は、授乳後に新しい母乳を3時間くらいで作っています。なので、赤ちゃんがグズらないからといって、授乳の間隔を4時間も5時間もあけてしまっては、母乳の分泌量が減ってしまいます。新生児のうちは、なるべく3時間に一回は授乳するようにしましょう。

《続きを見る》

赤ちゃんの成長とともに吸い方も変わる

 あまり母乳の出が良くない、と思っても、授乳を繰り返すうちに刺激となって分泌量が増えてきます。乳腺の通りを良くするためにも、両方の乳首を順番に吸わせるようにしましょう。一回の授乳時間の目安は、15分から20分くらい。赤ちゃんが30分以上乳首をくわえているのは、実際にはちゃんと飲んでいない「遊び飲み」の可能性もありますので、様子を見て切り上げて。赤ちゃんの成長とともに一度に飲める量も増えてきて、授乳の間隔は開いてきます。思うように体重が増えていかなくても、尿やうんちがちゃんと出ていれば、十分な量が飲めている証拠です。逆に、離乳食を始めると赤ちゃんが飲む母乳の量は減っていきます。

授乳のトラブルは早めに対処

 はじめは赤ちゃんも乳首を吸うのに慣れていません。傷みを感じたら、一旦赤ちゃんの口から乳首を外して、大きく口を開け、深めにくわえられるように体勢を整えて。裂傷や血豆ができてしまったら、皮膚科ではなく母乳外来などで相談しましょう。傷の手当だけでなく、くわえ方、姿勢に無理がないか、チェックしてもらえます。縦抱き、横抱き、フットボール抱きなど、赤ちゃんの好みや機嫌に合わせて、授乳の方向がワンパターンにならないように体勢を変えるのも、乳腺炎や裂傷を防ぐコツです。授乳が恐怖の時間にならないためにも、傷みがあるときは無理して吸わせず、搾乳したものを哺乳瓶で飲ませるのもいいでしょう。

From meetsclub

a:氏名 b:年齢 c:子供の年齢 d:職業 e:お住まい

a:市川さん b:34歳 c:6歳 女の子・4歳 女の子 d:専業主婦 e:神奈川県

無理しないでリラックスが鉄則

 授乳期間中は、とにかく睡眠不足になるので、空いた時間に少しでも横になって寝る、疲れたら無理をしない、が鉄則。音楽やアロマなど、気持ちをリラックスするものをよく使っていました。授乳のとき、よく腕が筋肉痛になったので、授乳枕を買っておけば良かったな、と思います。

《続きを見る》

a:石塚さん b:40歳 c:5歳 男の子 d:専業主婦 e:東京都

授乳ケープがあれば、いつでもどこでも!

 泣いたらいつでもどこでもすぐ授乳、という感じだったので、授乳用ケープがすごく便利でした。これさえあれば外出中でも場所を探さずともパッと授乳できるし、首のところにワイヤーが入っていて赤ちゃんの様子も上から見えるんです。ベビーカーで寝てしまった時はブランケット代わりにもなるので本当に重宝しましたね。デザインも色々あってかわいいものがたくさんあるので、洗い替えに2、3枚持っていました。

a:太知さん b:9歳 女の子・2歳 女の子 d:専業主婦 e:東京都

プレッシャーの母乳指導はやめて!

 うちは2人とも最初からミルクと母乳の混合で育てたのですが、一人目を出産した産院は母乳指導がとても厳しくて。「母乳で育てないと不良になる」とまで言われ、母乳の出が良くなかった私には、かなりのプレッシャーでした。二人目を出産した産院は「足りなかったらミルクを足しても大丈夫」という方針だったため、精神的に楽でした。やはり母乳があまり出なかったのですが、病院の母乳外来に行って話を聞いてもらったり、指導を受けたりして、心が軽くなって赤ちゃんに授乳することができました。

a:酒井さん b:36歳 c:4歳 女の子・2歳 男の子 d:アルバイト e:東京都

 一人目のときは乳腺が開通するまで出が悪くて、赤ちゃんが夕方になると泣きっぱなしで泣きやまない、なんてことも。母乳の量が安定するまでは、と最初の一ヵ月くらいはミルクもあげてました。出産をした産院では母乳や授乳に関するアドバイスがほとんどもわえず、退院後に困り果て、地元にある助産院へ通っておっぱいマッサージをしてもらいました。たった2、3回の通院で、驚くほど出がよくなりました。

使って良かった!ママの声!〜授乳期間中のインナー編

 母乳が溜まってパンパンに張ったり、朝と夜でもサイズが違う授乳期間中ママのバスト。現役授乳中のママたちに、インナー選びのポイントを聞いてみました。実際に使ってみて、役に立った!とお墨付きのインナーをご紹介。

福田さん 7か月女の子のママ 東京都
妊娠が判明してすぐに、『胸は締め付けない方がいい』とプレママ雑誌で見て、産前産後も使える!みたいなクロスタイプの綿素材の授乳ブラを妊娠中からしてたよ。
大手下着メーカーや、アカチャンホンポ、オーガニックコットン専門店、通販のマタニティーアパレルのお店のと、色々試したけど、私にベストだったのは赤ちゃんホンポかな〜。
私は夜もブラして寝てるから、1日中着けてても楽で気にならないっていうので、ワイヤーなしの後ろホックでつけやすく、前もクロスタイプだから授乳もしやすい!
やっぱりママと共同開発したというだけあるな〜




ノンワイヤー、バックホック、サイドクロスタイプで授乳も楽々。
「ママラボ ラクラク授乳ブラジャー(ハーフトップ)」
アカチャンホンポ 本体価格1,504円(+消費税)



《続きを見る》

中島さん 2歳と1歳の姉妹のママ 福岡県
妊娠後期頃から、雑誌とか見てワコールの下着とか、前ボタンタイプとか買っておいたけど、実際に産後使ってみてちょっと使いづらかったの。で、友達に相談!その友達が色々と試してみてたどり着いたのが、モーハウスのブラ!授乳用品専門店のものだからか、肩が楽で授乳がしやすいデザインなの。 何枚も買い足して愛用してます。






カラーバリエが豊富なのが魅力。タンクトップタイプもあり。
M,Mスリム/L,Lスリム「モーハウスブラ」
モーハウス 本体価格2,800円(+消費税)/LL、LLスリム本体価格3,100円(+消費税)




sachiyoさん 姉妹のママ 東京都
「初めての出産のときは授乳っていうのがどういう感じなのかピンとこなくて、あまり考えずに、雑誌に載ってたストラップを外してカップのところが開けるブラを購入。でも、出産経験のある友だちに聞いたら、『授乳はただでさえ大変なのに、いちいちブラのカップなんか外してらんないよ!』と言われて。予定日が冬だったから、『夜中の授乳でお腹が冷えないように、カップつきタンクトップで前がクロスのやつがいいよ』ってアドバイスされたの。で、自分で探して見つけたのが無印良品のクロスタイプのキャミソール。結局、最初に買ったブラタイプは一度も使用する事なく、2人目のときもずーっとこれでした!」



お腹まですっぽり隠れるので冬場の授乳も寒くない!
授乳もできるカップ入りタンクトップマタニティS〜M
無印良品 本体価格1,980円(税込)※現在取り扱っているタイプのもの。8月までの販売。




小池さん 1歳男の子と0歳女の子のママ 東京都
「産後はユニクロのブラトップ一本です。ストレッチ素材でよく伸びる、洗っても形くずれしない、締め付け感がなく授乳中のおっぱいに優しい。授乳専用ブラみたいなのも買ってみたけど、カップがしっかりしてなくてフニャフニャだし、生地も薄くて母乳でシミになりすぐ汚くなっちゃって、私には使いづらかった」







ユニクロのブラトップはロングセラーの人気商品。卒乳してからもずっと使えるデザイン。。





串間さん 0歳女の子のママ 東京都
「授乳用の下着はいくつか買ってみたんだけど、私は母乳の出が良すぎて、夜寝るときも母乳パッドをつけてさらにブラを着用してないと不安で。でも、やっぱりワイヤーがあると圧迫される感じがあってつらい。ストラップオープンとクロスオープン、両方試したけど、クロスオープンが使いやすかった。子供が空腹でギャン泣きしているときにいちいちストラップをカチッとやるより、がばっとオープンする方が早い!ストラップ部分が太くてカップがないスポーツブラタイプは寝るときは楽。昼間のおでかけにはカップのあるブラジャータイプの方が安心かも。カップつきのタンクトップも重宝しました。」



※これらの写真は実際に使用されていた色•柄とは異なる場合があります。

From mama この記事を読んでくれたママからのメッセージです。
Miho*さん

完母を目指していましたが・・・

  娘は生後しばらくNICUに入っていたため、その間は搾乳した母乳を母乳バッグに冷凍保存して、毎日デリバリーしていました。
退院後は完母を目指したものの、哺乳量が足りず、ミルクとの混合に。
当時は母乳神話に影響されて、完母にしようと必死でしたが、今振り返ると、混合のおかげで夜は夜通し寝てくれ、人に預けられて、卒乳もトラブル知らずで、良かったと思います。

《続きを見る》

ほしさん

母乳神話

  産院が完全母乳推奨だったのであまりでてなくても、全くでてないわけではないからとミルクのミの字もききませんでした。
まで頑張るのをすすめられました。
しかし体重の伸び悩む息子…
乳搾りに必死の日々でした。
離乳食が始まり体重もいいかんじに。
それまでは搾乳、授乳の繰り返しに追われる毎日でした。
ゆきさん

あなどれない乳首ケア

  授乳し始めてからの1ヶ月間くらいは、授乳のたびに乳首が切れたり血が出たりでものすごく痛かったのを覚えています。
そんなに痛いなんて妊娠中は想像もつかなかったので、乳首ケアグッズも特に用意していませんでした。
なので、産後ネットショッピングで慌てて買うことになったのですが、どうしても痛くて吸われるのが苦痛なときには搾乳機、切れてしまったときに塗る薬も赤ちゃんが舐めても平気なものを友人から教えてもらって購入しました。
どちらも重宝して、授乳に慣れるまでは何度もお世話になりました。
chancoさん

授乳下着

  生後2〜3ヵ月くらいまでは乳帯という下着を愛用していました。締め付け感がない割に、ホールド力を自分で調整できるところが良かったです。授乳ブラはクロスオープンタイプが授乳しやすかったですが、ストラップオープンタイプの方がホールド力があって私は好きでした。
熱に強い菌にも

あなたの体験を募集しています

meetsmagではあなたのナマの声、体験を大募集!
こちらのフォームからご応募ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

画像の添付はこちら

※ 下に表示されたコードを入力してください
captcha