先輩ママとプレママのコミュニティマガジン「ミーツマグ」

Vol.34 抱っこヒモ、使いこなしてる?

Vol.34 抱っこヒモ、使いこなしてる?

赤ちゃんとのお出かけにコンパクトな抱っこヒモを

シンプルなスリングタイプから腰ベルトつきでしっかりホールドできるタイプ、縦抱き・横抱き・おんぶ抱きの3WAYタイプなど、さまざまな種類から選べる抱っこヒモ。赤ちゃんとのおでかけに便利な抱っこヒモ、もっと使いこなそう!

抱っこヒモの選び方と正しいつけ方

抱っこヒモっていつからいつまで使えるの?

 ベビーカーよりもママとの密着度が高く目線が合う抱っこヒモなら、グズりやすい時期の赤ちゃんにも最適。頭をしっかりホールドするヘッドガードがついた横抱きのできるタイプなら、首がすわる前の新生児期から使えます。パーツをつけ替えたりホックを留める位置をアレンジして、横抱き・対面の縦抱き・前向きの縦抱き・おんぶ、と最大で4WAYまでトランスフォームできるものも。おんぶ抱きなら15キロ(3歳児くらい)まで使えるものもあります。

《続きを見る》

どんな抱っこヒモを選べばいいの?

 輪っか状のシンプルなスリングから、何パターンも変型する複雑な構造のものまで、種類や価格はさまざま。日本の気候や日本人の細かいニーズに対応した国内メーカーのものが使い勝手はいいですが、カラフルなプリントや刺しゅうが特徴の海外ブランドのものも、オシャレなママには人気があります。ブラックやグレーなどのクールなカラーなら、パパも兼用で使えるのでおすすめ。移動はほとんどベビーカーなので抱っこヒモの出番があまりない、という家庭には、軽量で簡素なスリングタイプがいいでしょう。抱っこヒモで公共の交通機関を利用したり長時間のおでかけの可能性があるなら、クッション性が高くホールド感のしっかりしたタイプを。

おじぎや前屈みはNG!サイズは毎回調整して!

 サイズ展開があるスリングや抱っこヒモは、「パパも使うから」と大きめサイズを選ぶのはNG。サイズはジャストフィットが鉄則です。長さを調整できるタイプのものでも、アジャストしたらずっとそのまま使い続けるのではなく、赤ちゃんの体重の増減はもちろん、ママの服装によっても変化があるので、その都度、調整するように。背筋を伸ばして、ピッタリに調整した抱っこヒモを装着したら、片手は必ず空けておくこと。両手が使えるから、とバッグや買い物袋でふさいでしまわないで。抱っこヒモは、構造上、斜めや逆さまになることを想定していません。おじぎや前屈みになるのは危険な事故のもと。バッグからお財布を取り出す、下に落ちた物を拾う、などのママのちょっとした動作でも、赤ちゃんが落下する事故が多発しています。着脱時にうっかり赤ちゃんを落としてしまうケースも多数報告されていますので、急いでいても、装着は慎重に! おんぶのときに赤ちゃんがグズッたり激しく動いたりしても、ズリ落ちることのないよう、肩ストラップ、腰ベルトはゆるめず、正しい位置につねにあることを確認してください。

From meetsclub

a:氏名 b:年齢 c:子供の年齢 d:職業 e:お住まい

a:堀田さん b:39歳 c:5歳女の子・7歳女の子 d:会社員 e:神奈川県

両肩を使う抱っこヒモが苦手!

 私は抱っこひもが苦手で、肩がパンパンにこって気分が悪くなってしまうの。お出かけのときはもっぱらスリングを利用していました。ただ、スリングは手を添えていないと危ないので、つねに片手が完全にふさがってしまうのが、ちょっと不便でした。

《続きを見る》

a:中井さん b:37歳 c:1歳1ヶ月の男の子 d:派遣社員 e:神奈川県

よく泣く息子には必需品

 おっぱいをあげると泣き止むことが多かったので、しょっちゅう授乳していましたんですが、外ではすぐにパッと授乳できないときも。そんなときは、エルゴの抱っこヒモで抱っこすると、案外泣き止んでくれました

a:岩波さん b:36歳 c:3歳 女の子 d:パート e:神奈川県

電車では抱っこヒモが欠かせない

 日頃から泣きっぱなしで、夜もあまり寝ない子だったんだけど、抱っこをして電車に乗ると、比較的いい子に乗ってくれたの。うちでは赤ちゃんとの外出は、子供のお散歩というよりは、自分のリフレッシュが目的だったから、短時間で帰宅出来るところへよく出かけてました。だから、荷物は最小限。抱っこヒモにママバッグで電車に乗ることが多かったです。といっても着替え・オムツ・おしりふき・など重さもあって、かさばるものばかり・・はじめは重すぎて疲れました。(泣)

a:久野さん b:38歳 c:0歳7ヶ月 女の子 d:美容師(休職中) e:東京都

 うちの子、私が抱っこするとピタッと泣きやんでくれることがほとんどです。家事の途中でも泣かれたらエルゴの抱っこヒモで抱っこ。寝かしつけたいときもエルゴをして、習ったベビーダンスのステップなんかもしてます。ベビーダンスは赤ちゃんが落ち着いて眠くなるように考えられたステップだそう。抱っこヒモでママと密着してる安心感もあって、これだとすぐ寝てくれる気がします。

a:楠川さん b:39歳 c:4歳4ヶ月 女の子・1歳2ヶ月 女の子 d:専業主婦 e:東京都

ベビーカーで荷物を運んで赤ちゃんは抱っこヒモ

 うちは手頃な価格とデザインで選んだマクラーレンのベビーカーを使っているんですが、スーパーでお買い物するときはキャリー代わりに使っています。買い物中は畳んでベビーカー置き場に置いておくんですが、 買い終わったら子供を抱っこヒモで抱き、荷物をベビーカーに乗せて押して帰ります。

a:馬渕さん b:36歳 c:2歳 女の子・0歳1ヶ月 男の子 d:フリーランス e:東京都

抱っこヒモで美術館へGO!

 私、美術館が好きで子供連れでしょっちゅう行っています。ベビーカーでは入れないので、抱っこヒモが必須。グズりにくい時間を見計らって出かけます。大体、抱っこヒモだとすぐに寝てしまうので、子供は寝ている状態でゆっくり見てまわれるのでいいですね。

プロが教える! ラクで、スタイルアップにもなる抱っこヒモのつけ方

 抱っこヒモで疲れるのは間違った付け方のせいかも? ママたちの抱っこヒモのつけ方をプロがチェック! ママの姿勢が良くなる抱っこヒモのつけ方を、産後ママのボディトレーニングのプロが伝授します。


●抱っこヒモの正しいつけ方を教えてくれるプロ
ポスチュアスタイリスト 貴島弓雅さん

1974年生まれ。一児の母
子どもの靴選びや足育を学ぶうちに、子どもの足を鍛えるには母親も歩く必要があると気づく。ポスチュアウォーキング(ポスチュアウォーキング=カラダをきれいに見せながら、ココロとカラダを元気にする歩き方)を学び、2012年より主に東京・恵比寿、埼玉・大宮でレッスンを実施。


《続きを見る》

Q.抱っこヒモの選び方のポイントは?

自分の体型に合ったもの、締めやすいものを選ぶことが大切。評判がいい、流行っている、海外のセレブがみんなつけている、というものだって、自分にとってはキツかったり緩かったり、合うとは限りません。体型に合わない抱っこヒモは転落事故の原因にもなります。口コミに踊らされず、小柄なママなら日本人体型にもフィットする国産のものを、といった風に、実際に試着して選びましょう。


Q.抱っこヒモのつけ方で差が出るの?

抱っこヒモのつけ方ひとつで、子どもが重くなったり軽くなったりするし、腰と肩への負担も違ってきます。正しく装着すれば、見た目がキレイなだけじゃなくて、姿勢も良くなるんです。姿勢が良くなると、バストが垂れない・首にシワができない・背中の脂肪も燃える、などいいことづくめ。産後のママたちは、抱っこヒモを上手に使って、矯正ベルト代わりに自分のボディを整えて欲しいな、と思います。



〈正しい抱っこヒモの付け方〉

〈レクチャー前〉
赤ちゃんのお尻がママの骨盤の位置にあり、ママが前屈みの姿勢になっています。






まずは、腰のベルトを、ウエストの一番細い所に合わせて思いきり苦しくない程度に締めて付ける。
抱っこをしたときに、赤ちゃんのお尻が自分のおヘソより上にくること。それより下だと、骨盤が引っ張られて倒れてしまうので、お尻が広がってペタンコになったり、腰が痛くなったりしてしまう。





次に、背中のベルトをしっかり締めて肩甲骨を少し寄せます。肩甲骨が離れて広い背中になったままだと、肩に負担がかかります。
最後に、脇のベルトで赤ちゃんと自分を密着させる。赤ちゃんが暑くてグズッたりしたらある程度緩めても大丈夫ですが、密着した方が赤ちゃんが軽く感じられます。



〈レクチャー後〉
赤ちゃんのお尻がママのお腹の位置に。肩甲骨もグッとよって、ママの姿勢がまっすぐになっています。



         〈ビフォー〉


         〈アフター〉






From mama この記事を読んでくれたママからのメッセージです。
chancoさん

試着は必ず!

  生後3ヶ月くらいまではスリング、それ以降は対面縦抱きの抱っこ紐を使っています。
抱っこ紐を選ぶ際、初めは有名海外メーカーの物を買おうと思って試着してみたのですが、小さめな娘には大き過ぎて埋もれてしまうような感じがあったので、国産の小さめの抱っこ紐を選びました。結果的にピッタリおさまってくれて大正解でした☆
抱っこ紐選びは、ブランドではなく必ず試着をして親子のサイズに合った物を選びのが大切だと思います。

《続きを見る》

ゆきさん

ベビーカーよりもエルゴ派

  うちの子はあまりベビーカーが好きではなく、移動の時はエルゴが必須でした。
スリングなども試したのですが、エルゴで前抱っこが1番落ち着くようです。
大きくなってからは前に抱くと何も作業できないのでおんぶで活用しています。
安い買い物ではないけれど、その分十分活躍してくれています。
 
ほしさん

最必需品!抱っこひも!

 どんな便利グッズより重宝したのは抱っこひもです!とにかくよく泣く子で抱っこひもに入れると泣き止みました。家事をするにも出掛ける時も常に抱っこの日々でした。肩はこりましたが、泣きっぱなしのストレスよりはずっといいです。
Nobuさん

だっこ紐でなんでも。

  第一子の時はだっこ紐に入れて授乳ケープをつけて授乳しながらお買い物をしたり、
第二子の時はだっこ紐に入れて粉ミルクをあげながら第一子の公園遊びに付き合って、
とにかくだっこ紐がなければ育児は立ち行かないくらい役立っています。
私の場合は最初に買ったエルゴでしっくりきましたが、人によっては自分に合っただっこ紐に巡り会うまでいくつも買ったりするみたいですね。
色々試着したり、お友だちから譲ってもらったりして、自分にぴったりのだっこ紐が見つかるといいですね。
和田優子さん
  ベビーカーで出掛けるときは持ち運びに便利なスリングタイプ、抱っこで出掛ける時は抱っこヒモを使っているのですが…抱っこヒモのほうが安心するらしく機嫌がいいので抱っこヒモを使うことが多いです。以前は肩に掛けるタイプを使っていましたが腰でホールドするものに替えたら肩こりが減った気がします!!
Miho*さん

抱っこひもは欠かせません!

  抱っこひもは、今でこそ頻度は落ちましたが、育児の必需品です!
私はエルゴを購入して、首がすわるまでは、+インファントインサートで使用していました。
その後はエルゴだけで、一歳半頃までは一日中エルゴだけでおでかけすることも多かったです。 今は体重が重くなって、一日中エルゴだと肩や腰が痛くなってしまうので、短時間のおでかけや、
ベビーカーの保険として、いつも持参しています。
まだしばらくお世話になりそうです。
つけておくだけだからとってもカンタン!MiltonCPでラクラク除菌

あなたの体験を募集しています

meetsmagではあなたのナマの声、体験を大募集!
こちらのフォームからご応募ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

画像の添付はこちら

※ 下に表示されたコードを入力してください
captcha