先輩ママとプレママのコミュニティマガジン「ミーツマグ」

妊娠 出産 子育て 先輩ママの体験談がいっぱい meetsmagのお話し広場 meetsmagのお話し広場

Vol.47 赤ちゃんとインテリア 大人も赤ちゃんも、一緒に快適に暮らせる空間を作ろう Vol.47 赤ちゃんとインテリア

それまで、大人だけで暮らしていた空間に、はじめて赤ちゃんがやってくるとき。自分たちだけの趣味やセンスで心地よくしつらえていたインテリアも、赤ちゃんを招き入れるために変化が必要になるかもしれません。今まで通りのイメージを妥協せず、少しベビーグッズをプラスしただけ、という人から、間取りから見直して住まいを大改造した、という人まで、色んなアイデアを聞いてみましょう。大人と赤ちゃんが快適に同居できるインテリアのポイントが、見えてくるかもしれません

1. 氏名 2. 年齢 3. 子供の年月齢 4. 職業 5. 在住地 

1.松本さん 2. 37歳  3. 0歳6ヵ月 女の子 4. 会社員 5. 神奈川県横浜市

リビングの家具を大移動して遊び場に

 うちは、出産を機にリビングを模様替えしました。それまではリビングの半分にテレビとソファとローテーブルを置いて、半分をダイニングにしていました。まず、低くて角があるローテーブルを危険物と見なし別部屋に移動。テレビ前だったソファを壁際に移して、リビングに広いプレイスペースを作成。床にベビーマットを敷いて、赤ちゃんがゴロゴロできるスペースにしてました。床で一人遊びができないくらい小さな、生後5ヵ月くらいまでは、リビングにベビーベッドを置いて、さらにその中にベッドインベッド(寝返り防止のクッションのような寝具)を入れて寝かしていました。これだと、少しの間なら目を離しても安心できて、重宝しましたよ。
1. 岩波さん 2. 36歳  3. 4歳 男の子 4. パート 5. 神奈川県横浜市

昔ながらの“長座布団”が息子の定位置!?

 息子が産まれるにあたり、インテリアを変えることは特にしなかったの。 妊娠中に新居に越したのであまり動けず、新しく家具を増やすこともなかったから、結果、無駄がなく、子供の成長にあわせて臨機応変に対応できてるんだ。 子供が産まれて買い足したもので役に立ったのは、両親に勧められて買った“長座布団”。ベビーベッドを買わなくてもこと足りたよ。お昼寝はいつもここで。 しまうときも場所取らないし、出しっ放しにしておけばいつでもゴロンとできるので重宝したよ。  
1. 村田さん 2. 36歳  3. 2歳 男の子 4. 専業主婦 5. 東京都渋谷区

おもちゃはキッズ用シェルフに収納

 赤ちゃんのおもちゃは、デザインとコスパにこだわって、あまり増やさないように気をつけていたんだけど、それでも、日々増殖していくおもちゃに、大人のくつろぎスペースが占領されがちに。(苦笑)ついに子供用家具の小さな棚を購入して、そこをおもちゃ専用ストレージにしてるよ。そこにしまえば、部屋が片付いているように見える!
1. 宮崎さん 2. 40歳  3. 8歳 女の子・4歳 女の子 4. 専業主婦 5. 東京都目黒区

大好きなお花とさよなら…

 子供が生まれてからは、割れ物・置物はお部屋に一切置かなくなりましたね。私、花が好きで、以前はよく飾って楽しんでいたのですが、産後は花瓶も撤去しました。(涙)

1. 高木さん 2. 38歳  3. 5歳 女の子 4. ファイナンシャルアドバイザー 5. 神奈川県川崎市

シンプルすっきりインテリアは諦めて!

 もともとシンプルなインテリアが好きで、あまり家に物を置くのが好きじゃなかった。でも、子供の物が増えてリビングがごちゃごちゃするのは仕方ない、と、もう諦めたよね。赤ちゃん時代は、お友達からもらったベビービョルンのバウンサーをリビングに置いてたんだけど、これは良かった。ベビー用品だけどまったくファンシー要素の無いシンプルなデザインで。子供も自分が動くとボヨンボヨンと弾むように揺れるので、面白がって喜んで乗ってたよ。
1. 一丸さん 2. 38歳   3. 12歳女の子  4. パート 5. 東京都狛江市

あえてカラフルにシフトチェンジ!

 うちは、子供が生まれてから、インテリアをそれまでのテイストとはガラリと変えたの。目に入るものがパアッと明るく、カラフルな感じにね。ずっと前に読んだ育児雑誌に、「子供にはカラフルなものを与えた方が色彩感覚が良くなる」って書いてあったから、それを信じて、パステル系や暖色系のものをよく選んでいたなぁ。娘がまだ小さい頃、子供用のタンスを買ったんだけど、子供は自分でシールとかペタペタ貼っちゃうから、安いもので十分! サイズも子供が成長するにあたって、服も増えて収納しきれなくなってくるから、ちょうどいいものより、将来を見据えて少し大きめのタンスを買うのがオススメだよ!
1.鈴木さん 2.38歳  3.8歳 女の子 4.専業主婦 5.東京都世田谷区

女の子ママとしてキャラものと共存!?

 主人がモノトーン好きで、もともとインテリアも白と黒と基調にしていたのですが、子供が産まれて、女の子だったこともあり、部屋の一部がすごくカラフルになりました。私も、キャラものであふれかえるのは嫌だなぁと思っていたのですが、子供が喜ぶ顔には勝てず…。いつの間にか、娘が大好きなディズニーやアンパンマンのグッズにリビングが占拠されていました。でも、これもまあ、2、3年の辛抱です。その時期だけの光景、と割り切って楽しく過ごしましょう。(笑)
カンタン・便利 つけておくだけのミルトン消毒
from mama この記事を読んで投稿してくれたママからの体験メッセージです
☆ ほしさん
1. 39 歳 2. 年月齢2歳 7ヶ月 3. 専業主婦 4. 東京都 5. 集合住宅 6. リビング 7. ママ・パパと一緒 8. 自分で考えた

コンパクトにまとめる

赤ちゃんグッズは色がカラフルであるだけで
部屋がごちゃごちゃして見えるので
カゴにいれるなどして色味をみせないようにし、一カ所にまとめました。
あとは必要以上に買いませんでした。
☆ フジタさん
1. 35 歳 2. 年月齢2歳 9ヶ月 3. 専業主婦 4. 東京都 5. 集合住宅 6. リビング 7. ママ・パパと一緒 8.インターネット

成長にあわせてだんだんと。

子どもが小さい内は動きがないので、そんなに危険なことはないかも。寝返りやずりばいをするようになって、行動範囲に合わせて少しずつ部屋を変えていきました。
ラグ→ジョイントマット
TV台が低かったのを2台積んでTVを高い位置に。
手が届く位置にある飾り物はどんどん上の方へ。
今となってはいかにも子どもがいるお家ー!という感じで、お洒落とはほど遠いけれど、子どもが安全に過ごすことが1番なのであまり気になっていません。
小さい内からあれこれすると、無駄なこともあるので、成長にあわせて少しずつ。がお勧めです♪


【よろしければアンケートにご協力ください】
1. ママの年齢
 ・
2. 子どもの年月齢
 ・妊娠 ヶ月
 ・年月齢歳 ヶ月
3. 職業
 
4. 在住地
 

5.住居環境
 一軒家集合住宅その他
その他の場合

6. 昼間の赤ちゃんの居場所
 リビング寝室その他
その他の場合

7.赤ちゃんが寝ている部屋の環境
 ママと一緒ママ・パパと一緒その他
その他の場合

8.インテリアで参考にしたもの
 雑誌などの資料インターネット母親先輩友達自分で考えたその他
その他の場合

-------------------------------------------------

あなたの体験を募集しています

meetsmagではあなたのナマの声、体験を大募集!
こちらのフォームからご応募ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

画像の添付はこちら

※ 下に表示されたコードを入力してください
captcha