先輩ママとプレママのコミュニティマガジン「ミーツマグ」

Vol.36 シングルマザーの子育て事情

Vol.36 シングルマザーの子育て事情

シングルマザーを悩ませるお金の問題とサポート

離婚して子供を育てる、未婚のまま出産する…シングルマザーという生き方には、どんな障害や問題があるのでしょうか。利用できる制度やサポートは? 知っておくべき情報を得て、シングルマザーライフの生活向上!

シングルマザーの最大の悩みはお金のこと

経済面の不安要素をつかんでおこう

 厚生労働省が行なう「全国母子家庭世帯等調査(平成23年)」によると、シングルマザーの平均年収は約180万円。これは、子供のいる家庭の世帯年収の平均(約530万円)の3分の1以下の金額です。自分の実家で子供と生活するのではない場合、この金額で、家賃を支払い、食費・水道光熱費といったライフライン費を支払い、育児もしなければなりません。子供を抱えてでは就職活動もままならなかったり、正社員として雇用してもらえなかったり、といった障害もあります。また、収入源が自分一人しかないという精神的な不安は、「ケガや病気をしてしまったらどうしよう」というプレッシャーとなりシングルマザーを追いつめます。まず、月々の生活にいくら必要か、自分が無理をしない働き方で月にいくら稼げるか、そしてその生活パターンをどうすれば維持できるか、試算してみましょう。それによって、獲得すべき仕事の資格や住めるエリア、子供が通う学校など、具体的な将来のライフスタイルが見えてきます。

《続きを見る》

養育費がもらえるとは限らない!?

 残念ながら、離婚して父親側に請求できる養育費は、法によって守られているものではありません。約束通りに養育費を支払わなかったからといって、とくにペナルティはないのが実情です。「全国母子家庭世帯等調査」によると、養育費をもらっている母子家庭は全体のわずか19.7%。8割以上がもらっていないのです。離婚の際に、家庭裁判所の調停調書や判決書に養育費支払いについての条項を入れてあれば、家庭裁判所が父親側に「履行勧告」をしてくれます。しかし、これも「ちゃんと払いなさい」といった注意勧告的なもので、法的な強制力はありません。これで効果がなければ、地方裁判所に強制執行の申立をして、支払い義務者の財産を差し押さえて(会社員の場合、給料から天引き)、強制的に養育費を取ることができます。

国からもらえる3つのお金

 シングルマザーがおぼえておきたい、国からの補助(社会福祉制度)はこの3つ。児童手当、児童扶養手当、児童育成手当です。児童手当は子供がいる家庭なら離婚していなくてももらえますが、振込口座を自分名義に変更するのを忘れずに! 所得制限はありますが、3歳未満は1万5000円、3歳~15歳の3月31日まで1万円が毎月もらえます。児童扶養手当は、離婚や未婚、配偶者の死亡等により、シングルマザーになった場合に支給されるもの。平成22年4月からはシングルファザーももらえるようになりました。所得制限はありますが、18歳の3月31日まで1~4万円前後が毎月もらえます。児童育成手当は、主に東京都で実施されている制度です。所得制限はありますが、18歳の3月31日まで毎月13500円程度もらえます。いずれも、国や自治体から積極的にお知らせがくるものではないので、自分から問い合わせて書類を貰わないと利用できない制度です。おぼえておきましょう!

From meetsclub

a:氏名 b:年齢 c:子供の年齢 d:職業 e:お住まい

a:落合さん b:37歳 c:6歳 男の子 d:- e:東京都品川区

自分の旧姓に戻せない場合があるって盲点!

 私は去年離婚したんだけど、離婚を考えている人に、これだけは冷静に考えて欲しいのが「名前」のこと。 私は離婚の際、気持ち的にすぐに旧姓に戻したくてそうしたんだけど、子供も私と同じにするとなると、一度家庭裁判所に出向いて手続きをして、許可が下りたら役所に行って私の戸籍に入れる、という手順なの。手間もかかるけど、年齢が若いママだとまた再婚っていう可能性があるから、子供の苗字が変わる回数が多くなるんだよね。それって子供の気持ち的にも負担があると思うの。 だから、私は親権はあるけど、子供の籍はそのまま元旦那のままで、子供との苗字が違うんだよね。あのとき、もう少し冷静でいたら、戸籍は別でもそのまま元旦那の苗字だけ使い続ける手続きが、離婚後3ヶ月以内であればできたのに。 そうすれば、いま、息子と同じ苗字を使えたな~って。 色々と調べて知ったんだけど、そんなに何回も離婚はしないと思うから考えたくはないけど(笑)、苗字って、一つ前の苗字か、いま使っている苗字しか選べないってこと。例えば、一度目の離婚のときにそのまま旦那の苗字を使うことにして、新たな人と結婚、その新しい苗字に変わって、でもまたその人と離婚になった時ときに、もともと産まれたときから使っていた自分の実家の苗字(2つ前の苗字になるってこと)にやっぱり戻したいって思っても、ダメなんだって!実家の苗字は慣れ親しんでるから、そこに戻れないってのは意外だよね。盲点!

《続きを見る》

a:アイアイさん b:- c:8歳の女の子 d:- e:東京都杉並区

子供と自分だけを優先できるので気楽!

 シングルだと、子どもに関わるすべてのことを自分一人で決めるから、責任もあるし受け止めなきゃいけない。それがプレッシャーというか、「誰かに支えて欲しい」って思うことはあるけど、気を使う相手(夫)がいなくて、子どもの次に、自分を優先できるので気が楽になりました。

a:さとみさん b:- c:9歳 男の子 d:- e:東京都渋谷区

プールや温泉に一緒に入れない!

 母子家庭では、金銭的な問題と勤務時間が一番の悩みですね。都バスや都電が無料になったり、レジャー施設が安くなるっていう行政サービスがあるんです。10歳になると男の子は銭湯や温泉で女湯に入れなくなり、プールの更衣室も私とは別々になってしまうので、防犯上、そういったレジャーに親子で行きづらくなるのが寂しいです。ただ、母子だからといって出かけず家に引きこもるのはダメ!私は再婚を希望しているので、子供が男の人に懐かないなどの問題を防ぐためにも、色々な男性に会わせたりしています。

シングルペアレントのための住宅事業

 シングルでの子育てにおいて、頭を悩ませるのが住宅の問題。入居審査が通りづらかったり、収入に対して家賃の負担が大きかったり、お部屋探しにはさまざまな不安要素が。生活が落ち着くまで母子寮に入ったり、思い切ってマンション購入したり、という選択肢もあります。ミーツマグが、新しいシングルペアレントライフを提案する代官山のシェアハウスをレポートしてきました!


みんなで子育てシェアハウス!
2014年3月、東急東横線代官山駅から徒歩2分、JR山手線・東京メトロ日比谷線恵比寿駅から徒歩11分、という恵まれた立地にシングル・ペアレント向けシェアハウスが誕生しました。 「こどものために、自分のために。そしてみんなのために」をコンセプトに、シングル・ペアレント(ひとり親)や子育てを応援したい方をメインターゲットに、子どもがいる人もいない人も入居者同士が支え合いながら「みんなで子育て」ができる環境づくりを行ってます。


《続きを見る》

共用リビング

リビングとキッチンは共有。キッチンに併設するリビングは、広めの壁一面がホワイトボード仕上げになっていて、子どもたちが自由に落書きできる。大人も入居者同士の交流や歓談を楽しむスペース。



共用キッチン

IHコンロなど最新設備が整ったキッチンは、入居者同士で調理を楽しめる。玄関横に位置するため、入居者が帰宅してすぐコミュニケーションが図れる空間に。



シングルペアレント向けの部屋

全室ワンルーム。バス・トイレは共用。



外部グループの子育て支援サービスを利用

同じ産院、近所、保育園など繋がりのあるグループでの助け合いツール、「AsMama(アズママ)」の子育てシェアサービスを導入して、入居者が利用できるようになっている。登録している顔見知り以外には情報が公開されないシステムなので、急な残業で子供のお迎えを頼んだり、リフレッシュをしたいとき、安心して利用できる。
http://asmama.jp



シングルペアレント向けシェアハウス入居者の声

2歳・3歳の2児の母 「再スタートするのに子供たちと私だけだと寂しいと思ったし、ほかの家族と助け合ったりできると思い、シェアハウスを選びました。広いリビングもあるし、初期費用が少なくて済むし、狭いワンルームを借りるよりお得な感じがしました。必ず誰かがいてくれるので、『おかえり〜』って言ってもらえるのが嬉しいし、子供も帰宅してもお友だちがいるのを喜んでいます。ご飯を一緒に食べたり、育児トークできたり、ほかの子の成長を見られるのも楽しい!
大きな不満はないけれど、もっとこうしたらいいのに!と思うことは正直いっぱいありますよ(笑) たぶん、施設側に『現在子育て中の母』『シングルマザー』『シングルファザー』がいるともっと良くなると思うんです。」

母子生活支援施設(旧母子寮)

シングルマザーでまだ仕事が見つからない、離婚はしていないけど夫からのDVなどで家にいられない、など、事情があって自活ができない場合、母子で入居できる施設。指導員からのアドバイスなどの援助も受けられます。基本的には母子が自立できるまでをサポートする施設なので、母子の保護と生活支援が目的です。現在、全国に272施設、全国で4,056世帯、10,608人が利用中。
全母協(社会福祉法人 全国社会福祉協議会・全国母子生活支援施設協会)
http://zenbokyou.jp/index.html


母子家庭のマンション購入をサポートするサイト

仕事を持っている女性なら、家賃よりローンの方が生活の負担が軽くなる場合も。東京都内で中古マンションなど「ママにも買えるマンション」の情報を紹介するサイト。都営住宅VS賃貸VS購入、どれかお得か分かりやすく比較したり、メリット・デメリットが紹介されています。
株式会社プリンセススクゥエアー
http://www.single-mother.jp/?wh=adw


From mama この記事を読んでくれたママからのメッセージです。
Miho*さん

はじめて知りました!

  我が家も主人は平日忙しく、ほぼ母子家庭状態です・・・。
シングルペアレントだけではなく、子育て世帯が入れるシェアハウスがあっても良いのかも?

《続きを見る》

paniniさん

子どもと二人三脚。

  シングルマザーって大変というイメージがあったのですが、私の周りにはとても充実しているように見えるシングルマザーが多いです。
子どもと二人三脚になることで、親子の絆もとても深いような。
行政からのサポートって、待っているだけでは情報がまわってこないことって多いですよね。
今回の特集のように、情報をまず集めることが大切だと感じました。
ゆきさん
  子育てシェアハウスの存在はこの記事をみて初めて知りました。
不安や孤独な気持ちを少しでも和らげることのできる環境づくり、大切ですよね。
坂井加代さん

我が家は平日母子家庭

  夫婦円満 家族みな健康でありますが、平日母子家庭です。パパが多忙なことはありがたいことですが、家庭内育児にフォーカスしていうとアンバランス極まりない状況です。
この平日母子家庭、結構現代の盲点なのではないでしょうか?母と子二人きりなんて危険すぎるとおもうのは私だけでしょうか?
平日母子家庭の特集もぜひお願いします。

ほしさん

勉強になりました

  想像以上に大変な問題があるのだなと思い、勉強になりました。一人で育てあげる力は計り知れないとおもいます。
気丈に育て上げる姿を子供さんはみて、逞しさを教えられるのだろうとおもいます。
chancoさん
  子育てシェアハウスというものを初めて知りました!シングルペアレントでなくても子育ては周囲の協力が不可欠なので、とても良い取り組みだと思います☆
これをヒントに、子育て世帯が入居してご近所みんなで助け合える子育てマンションのようなものがあってもいいかも?!
赤ちゃんの口に触れるものはみーんなまとめて除菌

あなたの体験を募集しています

meetsmagではあなたのナマの声、体験を大募集!
こちらのフォームからご応募ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

画像の添付はこちら

※ 下に表示されたコードを入力してください
captcha