先輩ママとプレママのコミュニティマガジン「ミーツマグ」

妊娠 出産 子育て 先輩ママの体験談がいっぱい meetsmagのお話し広場 meetsmagのお話し広場

Vol.56 高齢出産について語ろう! きちんとリスクを知って覚悟を決めて、いざ、産むぞ! Vol.56 高齢出産について語ろう!

社会の変化につれて女性の晩婚化が進み、初産の年齢も高くなっています。政府がかかげる少子化対策も、今のところ、すぐに私たちの不安や悩みを解決してくれそうな手応えのあるものはないのが現状。でも、だからって、私たち女性はチャンスを逃せない! 女性が安心して子供を産めるような環境がバッチリ整っているとは言えない社会の状況でも、高齢になればなるほど、母子ともに色々なリスクが高まっていくのですから。出生前診断やクアトロテストなどの検査を利用して覚悟を決めるのという選択もあります。実際に高齢で出産したママたちの、赤裸裸な体験談をお届け!ここが良かった、これは嫌だった、という先輩ママたちの声を聞いてみましょう!

1. 氏名 2. 年齢 3. 子供の年月齢 4. 職業 5. 在住地 

1.浅沼さん 2. 43歳  3. 1歳7ヵ月 男の子 4. 自営業 5. 神奈川県横浜市

産後にドッとくる高齢出産ならではの疲れ

 私は42歳のとき帝王切開で出産したのだけど、年齢的に出生前診断については悩みました。主人は悩む事なく、授かった子なんだからどんな子であっても、と言っていましたが、正直、私の方は不安がありました。ただ、うちの病院では出生前診断はやっていなかったので、体調も良かったせいかあまり考えすぎることもなく、出産ギリギリまで働いていました。産後は、つい高齢とわかっていても無理をして動いてしまい、そのときは何でもなくても、後から疲れがどっと出たりと、周りの年下ママさんたちとはかなり違う自分の体力を実感しました。病院で相談して、母乳に影響の出ないビタミン剤を処方してもらったりしてことなきを得ましたが、産後は人の力を借りてでも、体を休ませることが大事ですね!、体を休めるには個室だと心身ともにのんびりできて、ちょうどよかったかな~。
1. 千葉さん 2. 40歳  3. 12歳 男の子・5歳 男の子 4. 専業主婦 5. 東京都杉並区

上の子が助けてくれるから、意外とツラくない!?

 二人目は35歳で出産。体力的には多少キツイと感じることもありましたが、長男の世話などでバタバタしている分、つわりもそんなに感じているヒマがないっていうか(笑)、楽だった気がします。上の子のときの方がツワリもひどかったし、すぐ横になって寝込んでしまっていた気がする。だから、二人目で高齢出産だったけどそれほど気に留めず、毎日多忙だったから出生前診断のこともほとんど考えなかったの。出産後も、上の子が小学生だからママを助けてくれることも多くて。年の離れた兄弟ですが、兄弟を作ってあげることができてとてもよかったと思ってます。
1. 齋藤さん 2. 38歳  3. 1歳10ヶ月女の子 0歳1ヶ月女の子(※取材時は臨月) 4. 会社員 5. 東京都渋谷区

高齢、多忙、上の子のイヤイヤ期の三重苦!

 うちは一人目の出産ですでに37歳。妊娠中とくにトラブルはなかったんだけど、出生前診断のことや、高齢出産になるとダウン症の子供が生まれる確立が高くなることなど、恥ずかしながら全く知識がなかったので、妊娠9週目ぐらいで病院で教えてもらって、とても戸惑った。自分でも色々と調べはじめてみたものの、検査を受けられるリミットまでもうそんなに長くなく、とにかく不安で仕方なかった。もし検査を受けて、障害のある子供が生まれてくるかもしれないと知ったら、私はどうするか…! 結局、検査は受けませんでした。主人に相談したら、検査をして何もなかったら安心するし、費用のことは気にしなくていいと言ってくれたんだけど、「調べなくても大丈夫!」と言い聞かせました。二人目は、出産時には39歳とさらにハイリスクになりましたが、同じ理由で出生前診断はしませんでした。今も、不安がないといえば嘘になりますが…。ただ健康な子が生まれてきてほしいと願うだけです。自分の体の方はというと、右足のひざ下全体に静脈瘤が出来てしまって。若い頃に立ち仕事をしていたせいもあるのかもしれませんが、高齢出産におこりやすい症状の一つみたい。大きなお腹でも容赦なく上の子が抱っこ抱っこだし、いまは腰までかなり痛くなっています。高齢に加えて、イヤイヤ期の子供を育てながら、仕事をしながらの妊娠は体に負担がかかります!(泣)
1. 本郷さん 2. 40歳  3. 8歳 女の子・5歳 男の子 4. 専業主婦 5. 神奈川県鎌倉市

お産そのものより、産後の肥立ちが問題

 もともと体が丈夫ではない上に高齢出産だったので、体力的なことが不安でしたが、つわりが少しあったぐらいで妊娠中のトラブルはなく。お産自体も、一人目は時間はかかったものの、比較的安産だったと思います。もっと若くして産んでも難産の場合もあるし、お産そのものはあまり年齢は関係ないように私は感じます。ただ、産後の回復は、体が若い方が絶対に早いと思う! 同じ産院で同じ時期に出産した若いママたちは、明らかに自分より元気そうでした…。(泣)一人目よりも二人目の方がお産は楽でしたが、産後動けるようになるまで時間がかかり、腰もいつまでも痛かったです。

1. 冨岡さん 2. 35歳  3. 0歳5か月 女の子 4. 幼稚園教諭(休職中) 5. 埼玉県和光市

高齢出産はその先が短い…!

 出生前診断については、少しは考えたけど、そこまでシビアには捉えてなかったの。寿命があるから、高齢だと子どもと居られる時間が少ないのかなって思うときもあるけど。(笑)私は、幼稚園に勤めていたから、集団の子供たちと接する機会はあったけど、そのぶん、自分の子供と過ごす、1対1の時間の重みや価値を感じてもいる。
1. 中野さん 2. 40歳   3. 8歳 女の子・4歳 女の子 4. 専業主婦 5. 東京都大田区

高齢出産だけど体力には自信あり!

 一人目は33歳、二人目は37歳で出産しました。わりと体格もよく、体力がある方なので、二人目の方が辛かったとか、回復が遅かったと感じることはなかったです。むしろ二人目の方がお産が楽だった分、回復も早かったんです。二人目出産時は上の子が幼稚園生だったので、本当に忙しくて、ゆっくり寝ている暇もなかったため、安産で助かりました。
1.美甘さん 2.42歳  3.3歳9か月 女の子 4.自営業 5.東京都目黒区

夫婦で話し合い、コンセンサスを!

 39歳で無痛分娩で出産しました。病気や障害などの不安は大きかったのですが、夫婦で話し合い、「検査をして何かがわかっても、あきらめる事を考えないのならば出生前診断はやらなくてもいいよね」という結論に至り、やりませんでした。私はつわりもなく、臨月までいつも通り働いていたので、足のむくみ以外は元気でしたね。お産のときは、実際、無痛分娩とはいえ、陣痛がかなり強くなるまでは麻酔を入れないので、思っていたよりキツかったー! 子宮口がなかなかひらかず、トータルで24時間以上はかかりました。自分の体力の限界を感じました。(苦笑)それから早期に仕事にも復帰したので、夜中の2、3時間おきの授乳もほんとうに大変でした。ただ、うちの子は病気もほとんどなく、とくによく泣くわけでもなかったから、とても育てやすい子で、そこはすごくありがたいです。
つけておくだけだからとってもカンタン!MiltonCPでラクラク除菌
from mama この記事を読んで投稿してくれたママからの体験メッセージです
☆ 麻植靖子さん
1. 49 歳 2. 年月齢 妊娠 7歳 8ヶ月 3. 専業主婦 4. 東京都 5. はい 6. いいえ 7.体力がなかなか回復しなかった  8. 経済的・精神的余裕と、沢山の友人達からの「お下がり」

顕微授精7回めに妊娠41歳出産

37歳結婚すぐに妊活するも恵まれずタイミング方を経て39歳で本格的不妊治療開始。 ICSI6回結果出ず、Fクリニックから西新宿の超有名Kクリニックに転院後最初のICSIで人生初妊娠。 2007年6月無事男児出産、その時自身は41歳。 出生前診断はせず「どんな子でも受け入れる覚悟」のもと出産→健康な子を授かる。 不妊治療は長いトンネル、しかも出口があるのか、進んでいる方向が正しいのか分からないまま進んでいるようなものでした。 私の場合、治療をオープンにしていたおかげで多くの方の情報と応援を得られたことで頑張れました。
不妊治療のために仕事も辞めました。
45歳になって人生を振り返った時に後悔しないような行動を取ろう、と決めて治療に専念しました。
男児出産後、弟妹作ってあげたく5回ICSI受けましたが結果出ず。
しかしそれも人生、と今は一人っ子息子に集中した子育て楽しんでます。


【よろしければアンケートにご協力ください】
1. ママの年齢
 ・
2. 子どもの年月齢
 ・妊娠 ヶ月
 ・年月齢歳 ヶ月
3. 職業
 
4. 在住地
 

5. 高齢出産(35歳以上の初産婦)でしたか?
 はいいいえ

6. 出生前診断は体験しましたか?
 はいいいえ

7. 産後肥立ち、体調の変化はありましたか?
 腰が痛くなった体力がなかなか回復しなかった年齢は関係ないその他
その他の場合

8. 高齢出産で良かった事

-------------------------------------------------

あなたの体験を募集しています

meetsmagではあなたのナマの声、体験を大募集!
こちらのフォームからご応募ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

画像の添付はこちら

※ 下に表示されたコードを入力してください
captcha