先輩ママとプレママのコミュニティマガジン「ミーツマグ」

つわりを克服しよう!

Vol.2 つわりを克服しよう!

妊娠した喜びにひたるのもつかの間、ハッピーな気分のあとに、ほとんどのプレママに襲いかかってくるのが、つわりの苦しみ。つわりのしくみや症状をきちんと知って、つわりに対する不安や辛さを解消しよう!体験した人しかわからない“あの辛さ”を知っている先輩ママたちが、プレママにオススメする「克服アイテム」もご紹介。

つわりって何?

つわりって何?

実は、つわりが起こるメカニズムは、いまだにハッキリとは解明されていないのです。着床後に胎盤のもとになる絨毛からhGCホルモン(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が急激に分泌されるため、これが脳の中枢を刺激し、吐き気や嘔吐を引き起こすという説。また、妊娠にともなうホルモンバランスの変化が、自律神経に影響してしまい、吐き気やめまいを感じるという説や、妊娠中に増加する女性ホルモンの一種であるプロゲステロン(黄体ホルモン)が、胃の働きを低下させたり、食べたものが食道へ逆流しやすくなる、という説も。

《続きを見る》

つわりの期間は?

妊娠4週〜6週の初期からはじまる人が多く、ピークは妊娠8週〜10週ごろ。次第におさまっていき妊娠12週〜16週に落ち着くことが多い。ただし、時期や期間は人によってバラつきがあり、ストレスにも影響されるので、場合によっては出産の直前まで吐き気がある、ということも。

つわりになるとどうなるの?

船酔いや二日酔いのような吐き気や嘔吐が起こり、ムカムカ感、においに敏感になり、食べ物の好みが変わったり、味覚や口の中に違和感を感じることも。また、頭痛やめまい、眠気、だるさも、つわりの症状の一種です。つわりによって十分な食事がとれない場合、便秘になったり、逆に腸が弱って下痢になるという人も。

ひどくなるとどうなるの?

いわゆる妊娠悪阻という状態になると、食事や水分を体に入れることも難しくなるため、脱水症状や栄養失調になり、早急に治療を受ける必要が。入院して点滴で栄養と水分の補給が行なわれる。吐き気を抑えるとされるビタミンB6を処方されることも。

From meetsclub

a:氏名 b:年齢 c:子供の年齢 d:職業 e:お住まい

a:間瀬さん b:33歳 c:6歳男の子(双子) d:主婦 e:東京都大田区在住

何も食べられず、水分はサイダー頼み!

はじめての妊娠でしかも双子だったので、体調の変化も激しく精神的なストレスも大きくて…。妊娠6週目あたりからはじまったつわりが、そのうち自分のつばも飲み込めないほど重症になり、11週から17週まで入院。普段43kgの体重が38kgまで落ちました。(泣)


《続きを見る》

a:宮川さん b:41歳 c:9歳女の子・5歳女の子 d:主婦 e:東京都世田谷区在住

主食はオール麺類に!

妊娠8週ぐらいから安定期までつわりがあり、食べては吐くの繰り返し。うどんや蕎麦などの麺類ばかり食べていた。つわりがおさまってからは、なぜか辛いものばかり欲しくなり、カレーうどんにシフト。

a:佐藤さん b:31歳 c:9歳女の子・2歳 d:主婦

ぬるめのお湯で長風呂!

妊娠8週目あたりからつわりがはじまって、3か月は続いた。安定期をすぎて戌の日のお参りに行ったころにつわりが解消。いわゆる吐きづわりで妊娠12週目から16週目がとくに辛く、頭痛とだるさもあり寝てばかり。ぬるいお湯で長風呂に浸かると不調が収まる気がしたよ。

a:小池さん b:27歳 c:1歳 男の子 d:会社員 e:東京都世田谷区在住

リンゴなどのフルーツでサッパリ

妊娠6〜7週めから「少し気持ちが悪いかな?」と感じはじめ、それが日に日にひどくなり、食べづわりと吐きづわりのダブルパンチで4〜5kg痩せてしまいました。よく食べたのはリンゴとか梨とかくだもの類。最終的には妊娠悪阻で3日間入院して、体力を回復させました。

a:小林さん b:38歳 c:3歳 女の子 d:主婦 e:東京都世田谷区

1日2パックのプチトマトを完食!

つわりは妊娠初期から3ヶ月間くらい続いたの。食べ物のにおいに敏感になり、駅のレストラン街を通るのが辛くて。油っこいものや魚を受けつけなくなり、ハマッたのはプチトマト。1日2パックも食べてた!

a:水野さん b:37歳 c:8歳 女の子 d:主婦 e:東京都目黒区在住

マタニティーマークはSOS!

私のころはマタニティーマークってまだ浸透していなくて、ここ数年でつけている人を見かけるようになりましたね。プレママって、まだお腹が目立たない頃が一番つわりがキツくて体は辛いので、電車に乗らなければならないときはマストアイテムですね!

a:中本さん b:37歳 c: 5歳男の子 d:会社員

アロマをたらしたタオルを常備

ちょうど梅雨のジメジメした時期につわりMAXだったので、通勤電車や地下鉄構内のムワッとした匂いで何度も吐きそうに。 そんなときは、ハンドタオルにアロマオイルで調合した自分のリラックスできる香りをたらし、つねに口と鼻をおさえていました。

わり時期は、“時短”テクで乗り切ろう!

妊娠中で一番ツラい時期、とも言われるつわり期。つわり中は楽できることろは楽して、心と体を安めましょう。手抜き!? いえいえ、賢い時短テクニックです!つわりを体験したママたちの立場から、リアルに役に立ったものを厳選してご紹介。

お湯を注ぐだけでできるレトルトのスープは、食欲が無いときの主食代わりに。野菜やタンパク質が手軽に採れる、と評判。
「妊娠するまで料理なんてほとんどしたことがなかった私。つわりが始まると、野菜を摂りたくても作るの面倒くさいし、料理のレパートリーもない! レトルトのトマトのスープをいつもまとめ買いしてたよ」(ミニーさん 二児のママ)

コンセントに差すだけで、電源のON/OFFを自動的に切り替えできるタイマー式プラグは、手持ちの電化製品に繋げれば、便利な時短生活ができる!
「毎朝、コーヒーを飲むのが日課の夫。前日の夜にコーヒーメーカーに粉と水を入れておいて、タイマーでスイッチが朝入るようにしておけば、自分は辛くて寝ていても勝手にコーヒーが入ります」(ノブエさん 現在二人目妊娠中)

《続きを見る》

調理中の匂いや、キッチンにずっと立っているだけでツライ、というプレママも多い。そんなときはデリバリーを利用して楽しちゃおう!
「自分で料理するよりメニューが幅広く選べる(笑)。ヘルシーなおそばやオーガニックのデリなんかもあるので、よく出前を頼んでました」(ノンノンさん)

自動掃除機や食洗機などを有効活用した、というプレママは多数。妊娠中に買っておけば、産後の多忙な時期も乗り切れそう!
「家電好きの義母が、食洗機とルンバをプレゼントしてくれました。おかげで、これまで家事に割いていた時間と体力を有効に使える!」(もりちゃんさん 二児のママ)

お米をとぐ手間って、毎日、毎食、となるとなかなかの負担に。とくに水が冷たい冬場はキツいもの。無洗米なら手間要らず!(あきこさん 一児のママ)

From mama この記事を読んでくれたママからのメッセージです。
chancoさん

気持ちを切り替えるために。

 私のつわりは軽い方だったとは思いますが、それでも何となく胃がムカムカして食欲がない時がありました。
そんな時に助けられたのが、当時流行っていた酵素ジュース!!スッキリ飲めるし、食べられなくても栄養補給できたような気がして、ストレスを感じることなくつわりの時期を乗り切れたように思います。
お腹の子のために栄養をとらなきゃ~と無理して食べるよりも、これも美容の一環☆と楽観的に考えて過ごすことができて良かったです!

《続きを見る》

荻原さん

眠気づわり。。。。

私は食べれない、気持ち悪いというつわりは一人目も二人目もほとんどなく楽しくマタニティライフを過ごすことが出来ましたが。。。。

とにかく眠かったです。一人目の時は5ヶ月までパートをしていたのですが、いつも眠いので、旦那を見送り、その後一時間ねて、その後お昼から出勤するということが続きました。
Miho* さん

助けられました・・・

娘を妊娠をしたときは、つわりが一切なかったんです!
お腹にいるときから、なんて親孝行な娘なんだと思っていました(笑)
でも第一子が無かったからと言って、次もないとは限らないらしいので、もし第二子を授かったらどうなるんだろうと、今から少し心配です(^^;。
tomoさん

最後は半端なく重い・・・

妊娠中期ぐらいから、お腹が少しずつ大きくなってきて妊娠したんだな~と実感をしてきましたが、後期にはあまりの重さでヒィヒィ言ってました(笑)
私は妊娠線は出来ませんでしたが、胸とお腹のつなぎ目が割れてしないとても痛かったです。
あれ?これも妊娠線の一種かな・・・・?
tomoさん

においが駄目に・・

二人目の時には酷い悪阻で上の子のご飯を作れず最初はかなり苦しみながらご飯を用意してましたが、お総菜やお弁当に頼りだしたら精神的に楽になりちょっと悪阻も楽になった気がします(笑)大変な時は頼れるものにはお世話になりましょう~!!
ほっしーさん
 わたしは吐き気はなく胃がキリキリと痛みました。でも何か口にしたくてよくバナナを食べてました。それからナゼか赤ちゃんがよく食べる牛乳ビスケットが食べたくてしかたなく一日一箱食べてしまうこともよくありました。生まれてきた子はバナナ好き。彼が求めてたのかしら??
hiroco さん
 つわりは5ヶ月くらいまでありました。常にお腹が空いている感覚で、食欲はあるのに食べると吐く…を繰り返して、何故かトマトジュースを飲むとすぐに吐き気が来たので、好きなのにその間は飲めずにいました。その時は、普段炭酸なんて飲まなかったのに、炭酸を欲していたので一日3本くらいは炭酸水を飲んでいました。飲むとすっきりして、気持ちが悪いのも少しよくなっていたと思います。
子供が産まれると、習い事もできなくなると思ったので、つわりがあっても気分転換をしにせっせと通っていました。不思議とその時だけは気分も落ち着いて、つわりの事を忘れていられました。
ゆきさん
私のつわりは、いわゆる食べづわりでした。胃の中に何か入っていないと気持ち悪くて吐きそうになっていました。いつも何か食べていたので、つわりはあっても体重は減らず。。よく、食べ物のにおいでも気持ち悪くなるといいますが、私の場合めんつゆの匂いがどうしてもダメで、うどん屋さんの前を通るだけでもうっとなっていました。つわり自体は一ヶ月程でおさまりましたが、それでもめんつゆの匂いだけは妊娠後期まで苦手だったような気がします。
まきこさん
面白いもので無性に食べたいものがコロコロ変わりました。
天そば→そば→ロールパン→食パンにピーナッツバター…
うどんブームもありました。
気持ち悪いのに検診帰りにコンビニでカラアゲを買って食べ歩きして帰ったり…
ソースが恋しくてお好み焼きブーム
1番ひどかったときは、お稲荷さんブームで乗り切りました!酢飯がいいんです!
全て買ったり、外食だったり、主人にお願いしてました。外食大好きな人で良かったヽ(;▽;)ノ
お金もかかったけど、自分は1人前を1日かけて食べてたのでそこまででした(;・∀・)
momoncoさん
わたしは、常に口になにか入れていないと気持ち悪くなってしまう“食べづわり”でした。

そのため、妊娠初期なのに健診で体重を注意されてしまいました(T ^ T)

助産師さんに教えてもらったのが、無糖の炭酸水!これをちょくちょく飲むと気持ち悪いのが抑えられました。しかもゼロカロリー☆
レモン風味の炭酸水にゼラチンでゼリーも作って食べてました。

炭酸水がなかったら、つわり乗り越えられなかったと思う程、わたしにとっての救世主でした!
山本明子さん
長女の時はほぼなく、次女の時は後期まであった悪阻。。
体調も全てが真逆でした(⌒-⌒; )
でもとにかく友達とあって話しをするのが一番!
そしてムリはしない事です☆
楽しい事は沢山やって憂鬱な気分を忘れてしまえばアッという間に妊婦期は終わってしまいましたw
paniniさん
いわゆる つわりって、気持ちが悪くて吐いてしまうことだと思っていたのですが、眠気もつわりと言えるんですね。
私の場合吐き気はなかったけれど妊娠初期はとにかく眠くて、特に第二子妊娠中は第一子のお世話があったので横になっていられず、本当に辛かったです。睡眠欲って1番抗えないものですものね。
熱に強いバイ菌がいるって? ミルトンなら熱に強い菌も消毒。

あなたの体験を募集しています

meetsmagではあなたのナマの声、体験を大募集!
こちらのフォームからご応募ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

画像の添付はこちら

※ 下に表示されたコードを入力してください
captcha

コメント

  1. 山本明子 より:

    長女の時はほぼなく、次女の時は後期まであった悪阻。。
    体調も全てが真逆でした(⌒-⌒; )
    でもとにかく友達とあって話しをするのが一番!
    そしてムリはしない事です☆
    楽しい事は沢山やって憂鬱な気分を忘れてしまえばアッという間に妊婦期は終わってしまいましたw

  2. panini より:

    いわゆる つわりって、気持ちが悪くて吐いてしまうことだと思っていたのですが、眠気もつわりと言えるんですね。
    私の場合吐き気はなかったけれど妊娠初期はとにかく眠くて、特に第二子妊娠中は第一子のお世話があったので横になっていられず、本当に辛かったです。睡眠欲って1番抗えないものですものね。