先輩ママとプレママのコミュニティマガジン「ミーツマグ」

リアルが知りたい! 出産の痛み

Vol.4 リアルが知りたい! 出産の痛み

こわいけど、ほんとのことを知っておきたい!アノときの痛みって?

予定日をカウントダウンしながらワクワクする反面、コワイ!って気持ちもあるのがプレママの心情。痛みの感じ方は人それぞれとはいえ、やっぱり想像できない分、不安になるもの。陣痛はどんな痛み? ピークで痛いのはいつ? 帝王切開の痛みは? プレママたちの不安を解消するべく、meetsmagが出産にまつわる痛みのあれこれをリサーチしました。痛みの起こる仕組みや経験済みママたちの本音を知っておき、いざ、心の準備を!

出産にまつわる痛みはいろいろある

どんな痛みがきたら“陣痛”になるの?

「重めの生理痛のような鈍痛からはじまった」、「下痢のような感じで刺すように痛みが走った」など、陣痛のはじまりの感じ方は人によってさまざま。多くのママに共通していたのが、「痛みに“山”と“谷”がある」という実感。痛みのピークを感じた後、波が引いたように休息の瞬間がおとずれ、それが10分間隔・5分間隔へと次第に狭まっていく、ということ。これは子宮の収縮(お腹の張り)によって痛みが生じるためで、モニターによる波線グラフで可視化することが可能。痛くてたまらず病院に行ったのに、お腹にセンサーをつけられて「まだお産はじまってないですね」なんて言われることも。ただし、お腹まわりに脂肪が多いと、この収縮が正確に伝わらなかったり、逆に痩せ形の場合は痛みのピークの山がグラフに強めに出てしまうこともあるので、実際には病院ではモニターと子宮口の開き具合など、多面的にみてお産の進み具合を判断する。無痛分娩や和痛分娩を選択した人も、子宮口が開くまでは陣痛を経験することに。

《続きを見る》

前駆陣痛ってなに?

前駆陣痛は、お産に発展しないお腹の張り。すべての人に前駆陣痛が起こるわけではなく、いきなり本番の陣痛がくる人も。本物の陣痛との違いは、「痛みが不規則で一定ではない」「時間がたつと弱まってしまう」「姿勢をかえたり、お風呂に入ったりすると弱まる」など。ただし、何度も前駆陣痛を経験すると、「また今回も違うだろう」と慣れてしまって本物の陣痛に気付かない場合もあるので注意が必要。痛みが強いと感じたら病院へ行き、医師や助産師に子宮口の開き具合を確認してもらうこと。

出産の瞬間の痛みの強さ

いわゆる「誕生の瞬間」がもっとも痛い、と思われがちだけど、実は実際に出産を経験したママたちにアンケートしてみると、痛みのピークは赤ちゃんが下がってくるまで、という意見が多い。赤ちゃんの頭や肩が出てくる瞬間は、逆に「スッキリした」「ツルン!という感触があった」「痛みで気絶寸前だったけど、出てくる瞬間は、あ、いま出た!と意識がハッキリした」というママも。赤ちゃんの体が産道を通る痛みそのものよりも、そこに至る陣痛の方が大きい、と感じる人が多いよう。ちなみに、2人目、3人目の方が陣痛が楽になる、ということはなく、安産か難産かも体力や体質にかかわらず、個人差がある。

産後の痛み

よく言われる「会陰の縫合は麻酔ナシ」というのは誤解。会陰切開は出産中のため麻酔は使えないものの、出産後の縫合は麻酔をしてから行なうのが基本。ただ、会陰は麻酔が効きづらい箇所で、麻酔をしていても糸で吊られる感覚はあるので、それを痛いと感じることも。産後の大きな痛みでは、胎盤が自然に出ない場合は人工的にかき出すことになるので、それが陣痛同様に痛い、という声も。後陣痛と呼ばれる子宮が収縮して元に戻ろうとする痛みも、人によっては陣痛のような激しい痛みを伴う。入院中であれば痛みを和らげる処置をしてもらえることもあるので、後陣痛が強い場合は医師や助産師に相談を。帝王切開は産後、麻酔が切れると激しい痛みを感じて寝返りを打つのも困難に。傷口がふさがるにつれ痛みが和らいで動けるようになる。

From meetsclub

a:氏名 b:年齢 c:子供の年齢 d:職業 e:お住まい

a:橋本さん b:37歳 c:6ヶ月女の子 d:専業主婦 e:大田区

ソフロロジーはまったく効かなかった!

一人目のときは微弱陣痛が続いてお産が進まず、陣痛促進剤を打ってようやく9時間後に出産。呼吸法で心と体を安定させて痛みを和らげる、というソフロロジー出産を目指していたので、リラックスできるCDを聴いて楽しいことをイメージする、というトレーニングをしていたはずなのに、全く効果がないどころか、陣痛の最中は痛みでそれどころではなく、音楽が流れているとかえってイライラしてしまいました。二人目も陣痛からはじまりましたが、病院に着いた時には子宮口がほぼ開いてしまっていて。無痛を予定していたのにお医者さんから、「進みが早いから麻酔が間に合わないかも」と言われ、「せっかく無痛にしたんだから麻酔入れてください!」と叫んで、何とか無痛分娩で産むことができました。産む瞬間は一人になって集中したかったので、うちは主人の立会いはナシでしたよ。

《続きを見る》

a:原さん b:42歳 c:4歳3ヶ月 d:スタイリスト e:東京都世田谷区

失神寸前、骨が砕ける痛み!

私の場合、出産の前の2日間くらいは微弱陣痛が続いていて、痛みの間隔が狭まっても子宮口がそんなに開いてない、てことで様子見だったの。痛みはあるものの子宮口は開かないまま2晩目、あまりの痛さに夜中に2回も吐いちゃって。そしたら看護婦さんに「吐くって出産の兆候だから出てきますよ~」と言われ、そこから一気に陣痛が進んで激痛との戦い。ソフロロジー式の音楽がずっと部屋の中に流れてたけど、陣痛の間は効果なかった。そこからなかなか赤ちゃんが降りてこなくて、早く楽になりたい一心で自分から「陣痛促進剤を打って!」と懇願。およそ16時間、何度も気が遠くなるたびに叩き起こされ、「いきんで!」という声に合わせて何度かいきんで、最後に肛門の辺りの骨が砕かれる感じがして、「もうだめだ~お腹切ってくださ~~い!」って言おうとしたら、「産まれましたよ」という声が。「あ、今の感じだったんだ」って終わってから気づいたよ。

a:間瀬さん b:31歳 c:5歳 双子の男の子 d:主婦 e:東京都大田区

生理痛のようなものが強まってそのまま出産!?

37週目の終わり頃に生理痛に似た感じがして、あれ?と思ったら急に痛くなりはじめて、それが陣痛でした。かなり安産で、分娩台に乗ってから5時間弱で一人めの息子が出てきました。双子の出産の場合、一人目が生まれたらお母さんの気が緩んでしまって二人めが出てこなくて帝王切開、ということもあるみたいで、一人目が出たあとMAXの量の陣痛促進剤を入れられ、二人目はその10分後に出てきてくれました。双子だけどアッという間のお産でした!

a:堀さん b:38歳 c:4歳・第二子妊娠中 d:会社員 e:東京都渋谷区

壮絶な陣痛のあとも、縫うのが痛かった!

一人目は陣痛が長くて40時間もかかって。はじめ、3分間隔の痛みが4時間続いて夜が明けてしまって、「もう明日にしたい」と言って泣いたのに、そこからさらに一日半。陣痛が長すぎてトイレにも行けないので排尿はカテーテルを入れて…。(泣)最終的には母体の体力が限界で促進剤を打ったんだけど、出血多量になってしまって。弱りながらも、分娩台で会陰を縫うのが痛かったのをおぼえてる。次は無痛で産みたい。カテーテルはもう二度と使いたくない!

a:福田さん b:36歳 c:8歳0ヶ月女の子・4歳10ヶ月女の子・0歳7ヶ月男の子 d:主婦 e:東京都練馬区

痛みも陣痛の長さも三者三様

出産は3人ともそれぞれ全く違いました。1人目は陣痛が来たものの子宮口が全く開かずに20時間苦しみ、吐き気にも襲われて体力もなくなり、途中で点滴しました。体力が回復したところで陣痛促進剤を打ち、やっとの思いで出産。いきんでいる時間も長かったので、死ぬかと思うくらい大変でした。2人目は7分おきの陣痛で病院に行き、陣痛の間隔がまだ長いうちにお手洗いに行っておこうと思い、トイレを済ませた後にズド~ンと赤ちゃんが下がった衝撃があり、その瞬間に激痛が!「ちょっときてーっ!」て主人を呼び、看護師さんを呼んでもらって助け起こしてもらって。そのまま分娩台に上がり、2回いきんだだけで生まれました。3人目は予定日2週間前に夜中に破水。そのまま病院に行き。着いてしばらくすると4分間隔の陣痛になって3時間程で出産。思えば、破水からはじまったものの、3人目が一番ノーマルな出産でした。(苦笑)

a:市川さん b:35歳 c:8歳10ヶ月男の子 d:会社員 e:神奈川県川崎市

産後8年でいまだに痛む会陰のキズ

私は出産のとき吸引をしたからか、会院切開の縫合をするのに1時間ぐらいかかってすごく痛かったの。抜糸も痛かったけど、そのあと2ヶ月ぐらい傷口が痛かった。いまでも生理のときになんとなく痛いんだよね。もしかしてこれって吸引のせいで変な裂け方した?って疑ってるんだけど…。

a:板東さん b:44歳 c:8歳男の子 d:専業主婦 e:東京都大田区

陣痛よりもツライ後陣痛

私は和通分娩だったため、あまり強い痛みは感じませんでした。高齢出産のため、激しい陣痛が長く続いた場合に体力的に耐える自信がなかったのですが、少しは出産の痛みを感じてみたいと思い、無痛ではなく和痛分娩を選びました。一番辛いはずのところで麻酔を入れてもらえたので、呼吸法で逃すこともなく、比較的楽に産めました。産後の後陣痛の方が辛かったです。

これが役立った! 陣痛対策グッズ

どんな痛みがくるの? 長さはどれくらい? 予想もつかない陣痛だからこそ、できるかぎりの対策はしておきたいのが妊婦の本音。実際に、陣痛の現場で「これが効いたよ」という先輩ママのリアルな声とともに、便利な陣痛対策アイテム&テクニックをご紹介。きたるべき“その時”のために、備えあれば、憂いなし!

「私のおすすめは、硬めのグミ。普段からお菓子好きなんですが、陣痛が襲ってくるたびにグミを噛み締めて痛みを逃してました。産後の疲労回復にもグミをカミカミ。ビタミン入りのものも売っていますよ」
れいちゃん 一児(男の子)のママ 

「3人目出産のとき、陣痛が来た!と思い病院へ行ったものの陣痛が遠のいてしまって、看護師さんが『これ使って』って用意してくれたのがマッサージ機能付きのフットバス。下半身の経血行を良くすることで陣痛を促すのかな? 私の場合、5回ぐらいで効果あった気がします」
なおちゃん 三児(男の子、男の子、女の子)のママ

《続きを見る》

「予定日が真冬だったので冷え防止にレッグウォーマーとホッカイロ、痛み逃しのテニスボールも持参。用意したけど使わなかったのはアロマ。そんな余裕がありませんでした。(笑)でも一番助かったのは、病院で入れてくれたあったかいお風呂。あれで陣痛の苦しみが和らいだな」
ともちゃん 二児(男の子、女の子)のママ

「一人目が逆後の自然分娩で、赤ちゃんを頭からでなく、お尻から産むことに。子宮口がマックスになるまでいきんではダメなんだそうで、ツラい痛みとの戦いでした。食事も喉を通らないほどで、かろうじてゼリーでエネルギーチャージして、無事出産できました」
もりちゃん 二児(男の子、女の子)のママ ゼリー 

「初めての出産は1月で、とっても寒い時期。ひどい陣痛で私は気がつかなかったけど、LDR室で付き添っていたパパが『この部屋、乾燥すごいよ、加湿器あった方が絶対いいよ』と言い出して、家まで取りに帰ってくれたの。これが出産後の病室でも大活躍。私はもともと喉が弱いんだけど、病室では濡れタオル干しておけばいいや、ぐらいに思ってたの。でもそんなことできる余裕があるとは限らないもんね。冬出産の人には加湿器、おすすめアイテムです!」
sachiyo 二児(姉妹)のママ

From mama この記事を読んでくれたママからのメッセージです。
chancoさん

好きな体勢でリラックス

 予定日の前日の朝、陣痛らしきものがありましたが痛みも弱く、痛みの波も規則的になかなかならなかったので、病院に行くタイミングをつかめずに家で待機していました。夜になってお風呂に入ると一気に痛みが強くなり、陣痛も7分間隔に。慌てて車で病院に向かいましたが、車の中で破水、狭い車内で体勢を変えられずに激痛に悶えました。
が、病院に着いて車から降りた途端に安心したのかスーッと痛みがひいていき、そのまま大した痛みを感じることなく一時間足らずで生まれてしまいました!
フリースタイル出産で自分の好きな体勢をとれたことでリラックスできたのが良かったのかもしれません。生まれた瞬間、また生みたい!!と思ったくらいです。

《続きを見る》

momonco さん
陣痛がはじまってからしばらくは生理痛よりはましかな?位のお腹の痛み。産院ですすめられたソフロロジー法で乗り切りました。子宮口が5cm開いたあたりから全開になるまでが、本当にほんとうに痛かった…。分娩台にあがってからいきんで良くなると痛みも少しは我慢できるレベルになりました。今思うともっと早く分娩台に上がりたかったです…。
ゆきえさん

案ずるより産むが易し?

 長男を出産した直後、「案ずるより産むが易し」って言ったやつはだれだ꒰╬•᷅д•᷄╬꒱…男だったら許さねぇ!が感想。痛いなんてもんじゃない!陣痛も不安だったけど、助産師さんが「陣痛は絶対に気が付くから大丈夫!」言ってた通り、5分おきに腹痛が…これが産まれるまで続くのが辛い、始まる時間が昼間ならいいんだけど、夜中から始まると出産時差ボケと育児が同時にスタートして二重苦(~_~;)…でも、あんなに痛くて苦しいのに「喉元過ぎれば熱さを忘れる」また妊娠して浮かれて、陣痛きて思い出し…焦る(笑)生まれて、可愛くて痛さ吹き飛び…の繰り返し♥︎
Miho*さん

出産よりも・・・

 これはかなりレアなケースかと思うのですが、私の場合、二ヶ月半もの早産だったので、娘の身体も小さく、お産自体は軽いものでした。
ただ問題は娘が生まれてから。
終わったー!と安心していたら、まだ胎盤が出ていないとのこと。
もうしばらく機能するはずだった胎盤はまだまだ元気で、子宮に癒着してしまっていたんです;
主治医の先生が子宮の奥深くに手を入れて、そのままひねるようにしてゴリゴリゴリー・・・(これが約一時間程続きました)。
出産よりもこちらの方がはるかに痛かったです。(泣)
ほしさん

今まで経験したことない辛さ

 わたしは逆子だったので予定日を決めて帝王切開でした。痛みは半端じゃなかったです。
陣痛の痛みと比べられないですが…
出産後が起き上がれず
赤ちゃんをカワイイと思える余裕がありませんでした。
paniniさん

無痛分娩は無痛じゃない。

第一子で無痛を希望するも、お産が進むのが早くて結果的に自然分娩でした。
第二子ではリベンジ!とまた無痛分娩に。麻酔を入れても全く無痛ということはないのですが、痛みの大きさでいうと、全開時の痛みで比べたら、3割減。という感じ。
陣痛の波がくるのもきちんとわかるので、いきむタイミングも自分でわかるし、赤ちゃんが出てくる感覚もしっかりとありました。
第一子の時はとにかく痛みが強くて、産む感覚も何もあったもんじゃない!という感じで、”産んだ”という達成感がほとんど無く、怖かった。痛かったという思いばかりでした。
でも第二子は無痛分娩にして、痛いけれども「痛い」と話すことができるくらい。落ち着いて、自分で産んだ。という実感があり、とても満足出来るお産でした。
産む人それぞれの選択だけど、痛みに弱い人には無痛分娩はお勧めです。
でも第一子から無痛で産んでいたら、比べる痛みがないので、無痛でもものすごく痛かった!っと思うかも。
ゆきさん

破水から始まったお産

 私の初めてのお産は破水から始まりました。テレビを見ていて体勢を変えた瞬間スーっとおもらししたような感じがして(笑)すぐに入院し、間もなく腰が熱くじわじわ生理痛のような痛みがでてきて、2時間後くらいには歩くのも困難なくらい痛かったです。間隔もほとんどないんじゃないかと思うくらいに痛みが続き子宮口最大になってやっと分娩室にたどり着いたのですが、それからが大変で..赤ちゃんの回り方が逆だったのか本来お母さんのお尻側を向いて出てくるはずが、逆向きだったようで(旋回異常というらしい)、恥骨部分で頭が引っかかり何度いきんでも出てきませんでした。吸引の準備もされていたようです。気絶寸前でもうお腹切って出してー!と思っていたその瞬間、ずるるーっと出てきてくれました。産後一年経ちますが、まだあの壮絶な痛みはトラウマです(笑)私の場合は、旋回異常だったため痛みも強かったんだと思うと後から助産師がおっしゃっていました。
哺乳びん以外のマグも食器もまとめて消毒

あなたの体験を募集しています

meetsmagではあなたのナマの声、体験を大募集!
こちらのフォームからご応募ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

画像の添付はこちら

※ 下に表示されたコードを入力してください
captcha