先輩ママとプレママのコミュニティマガジン「ミーツマグ」

Vol.11 思わず泣いちゃいました!

Vol.11 悲しい涙も悔し涙も感動の涙も、思い出に!

悲しい涙も悔し涙も感動の涙も、思い出に!

毎日笑って過ごさなきゃお腹の赤ちゃんに悪い!?そんなプレッシャーに押しつぶされないで! ママだって、ときには思いっきり泣いて、涙と一緒にモヤモヤした気持ちをデトックス。 気分のままに泣くのもいいし、感動的な映画や音楽で自分を煽るのもいいかも。泣きたい気持ちを無理に押さえ込まずに、誰だってこんなときもある!と気楽に構えてスッキリ泣いちゃいましょう。

プレママや新米ママの泣きたい気持ち

妊娠がもたらすブルーな気分を受け止めて

妊娠中は、とくに理由もないのに気分が落ち込むという現象も起こりえます。ホルモンバランスが崩れて情緒不安定になったり、妊娠初期のつわりなどの身体的苦痛、出産の痛みなどに対する恐怖心、産後の生活への不安感など、精神的な不調を引き起こす原因はさまざま。また、「まだ妊娠したくなかった」「出産が楽しみじゃない」「子供が可愛いと思えなかったらどうしよう」という気持ちになり、「自分は母親失格だ」と自己嫌悪に陥ることも。気が滅入ってしまっても、それは誰にでも起こること、と受け流し、短時間でも好きなことや趣味に没頭するなど、ネガティブなことから気をそらす工夫を。

《続きを見る》

プレママが泣くときの注意

思いっきり号泣してストレス発散、というときは、呼吸に気をつけて。ママが酸欠になってしまうとお腹の赤ちゃんにも十分な酸素が供給されなくなってしまうので危険。逆に、ママが過呼吸になってしまっても、血液中の二酸化炭素濃度が低くなってアルカリ状態に陥るので要注意。号泣したあとはめまいなどの症状で倒れたり体をぶつけたりしてしまう場合もあるので、スッキリ泣いたら、急に立ち上がったり歩いたりせず、しばらく横になったりして休息を。また、お腹が張りやすい人は、泣くことによる横隔膜の収縮の影響で張りを引き起こすこともあるので激しく泣くことはなるべく控えましょう。泣いたあとは水分をしっかりとることも忘れずに!

泣いてもスッキリしないときは

涙を流してもモヤモヤした気持ちがおさまらないときは、自分の感じていることを文字に起こしてみるのがおすすめ。気持ちがふさぐときは人に会ったり話を聞いてもらうことすらしんどいもの。上手く言葉が出てこなくて逆効果、という場合も。そんなときは、メモやパソコンにありのままの感情を箇条書きに。ちゃんとした文章になっていなくても、支離滅裂でもいいので、感情を文字に変換して吐露することで気分がスッキリします。あとから読み返してみることで自分なりの解決策が見つかるかも。ミーツマグや妊婦向けのサイトの掲示板に書き込みしてみるのもいいでしょう。同じ悩みやつらさを抱えている仲間が見つかるかもしれません。ただし、ネット上では匿名で気軽なコミュニケーションができる一方で、心ない言葉を投げかけられることもあります。個人情報やプライバシー、他人に触れられたくないデリケートな問題に関しては、書き込まないように!

From meetsclub

a:氏名 b:年齢 c:子供の年齢 d:職業 e:お住まい

a:和田さん b:26歳 c:3歳・1歳 d:専業主婦 e:東京都

とことん泣けるプレイリストを作る

 今思うと、本当にどうでもいい小さなことで落ち込んで、引きずることが多かった。かといって外出して気分転換も簡単にはできないから、家の中でできることで、じぶんを励ませるものを見つけていると心強いよ。私の場合は、ナヨッとした気分のときに聴きたいプレイリストがあって、それを聴いてあえて落ちるとこまで落ちて、泣ける限り泣いてスッキリしてた。そのプレイリストは産後ブルーにも思いのほか効果があって、何度も救われた。

《続きを見る》

a:中村さん b:25歳 c:1歳 女の子 d:専業主婦 e:東京都

職場での追い出しムードに涙

 結婚後なかなか妊娠せず、子供は当分できないかも…よし仕事バリバリするぞ!と気持ちを切り替え転職。でも2ヶ月後に妊娠が発覚。「妊娠の予定はないって言ってたから採用したのに」と何度も嫌味のように言われて泣きたかったけど、気にしないようにしてた。販売で女性ばかりの職場だったんだけど、既婚者は私だけ。妊婦の気持ちなんて分かる人もいなかったから、 大変だった。しかも入社したての下っ端だったから、飲み会のセッティングをやらされたり、仕事以外の雑用も押し付けられて。お酒は飲めないのに飲み会への出席も半ば強制されて。つわりがひどかったときに2週間お休みをもらったら、「いつまでこういうの続けるつもり?」ってやんわり退職をすすめられて、結局やめちゃった…。悔しかった。女性しかいない職場だったのに、ほとんど祝福されなかったのが残念だったな。

a:大澤さん b:40代 c:6歳 男の子・2歳 男の子 d:自営業 e:東京都

ヒールでバリバリ働いていた自分が…

 妊娠しても好きだったヒールの靴をはいていたら、家族にダメ出しされてしまった。はじめは職場に妊娠したことを伝えていなかったんだけど、靴のヒールの高さがいつもと違う、と職場の人に妊娠がバレてしまったしね。(苦笑)妊婦した途端、会社にいくのが苦痛になったなぁ。それまでバリバリ働いていた自分が嘘のように、ポジションを替えられてガッカリもした。子どもができたことは嬉しかったけど、もう二度と一線で働くことができない、と残念な気持ちがあったのもほんとのところ。

a:水野さん b:36歳 c:7歳 女の子 d:専業主婦 e:東京都

妊娠で体質が変わってしまったショック

 妊娠・出産で体質が変わるとはよく聞きますが、もともとじんましんなどが出やすい体質だった私、すっかり甲殻類アレルギーになってしまった! 大好きだったエビやカニがもう食べられなくなってしまって泣きたいです。マンゴーなどの南国の果物も、たくさん食べると口の中が痛くなったりします。刺激物に敏感になってしまった、ということなんでしょうか、お酒も少し弱くなりました。

a:小潟さん b:39歳 c:2歳 男の子 d:専業主婦 e:東京都

妊娠中より産後すぐの方が不安定!?

 妊娠中はわりと安定した精神状態ですごせたんだけど、出産して一週間ほど実家の母が手伝いに来てくれてたのね。退院したばかりで体調も戻っていない時期だったから、家事をしてくれて助かったし、なにより精神的にも大きな支えになったの。で、一週間経って母が実家に戻るとき、これから一人で育児をしていけるかどうか急に不安になって、何年かぶりに親の前で泣いてしまった

a:水田さん b:33歳 c:1歳 男の子 d:美術系学芸員 e:埼玉県

SOSを出すことをためらわないで

 当時、プレママ友達はいましたが、なかなかナイーブな気持ちは打ち明けにくいものです。ですので、なるべく夫とコミュニケーションをはかって、気持ちを共有してもらうように努めました。夫の前で一度だけえんえん泣いたこともあります。助けてほしいときは、すぐに誰でもいいので「助けてくれ!」とサインを出すことが大事です。

a:高崎さん b:39歳 c:7歳女の子・3歳 女の子 d:グラフィックデザイナー e:ドイツ

泣きたいときは泣く!

 妊娠中は精神がいつもより不安定で繊細で、涙もろくなっていました。そういうときは家族や友人に愚痴を聞いてもらったりして。泣きたいときは泣いて、落ち込むときは落ち込んで、我慢しないようにしてました。最後の方は「スッキリ泣けるのも今のうちだけだし」とか思っていたような気がします。だって「何があんなにツラかったんだろう?」って、過ぎるとみんな忘れちゃってますから。(笑)

号泣必至!スッキリしたいプレママにオススメのDVD

ミーツマグ編集部がリコメンドする「ゼッタイ泣ける映画」セレクション。プレママのモヤモヤ気分も、新米ママのイライラ気分も吹き飛ばして、思いっきり泣いてパワーチャージ! みなさんのオススメの泣ける作品も、どんどん投稿してください!



『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!』

2011年製作
監督:ベス・カーグマン
発売:日本コロムビア
本体価格:1,429円(+税)

<あらすじ>
世界最大級のバレエコンクール、ユース・アメリカ・グランプリに挑む若きダンサーたちにスポットを当てたドキュメンタリー。世界中から厳しい予選を勝ち抜いてきた年齢も国籍も育った環境も違う6人に密着。撮影・編集に2年の歳月を費やし、個性豊かでチャーミングな子どもたちの素顔や家族のドラマを浮き彫りにしていく。

<ミーツマグスタッフのコメント>
「紛争地帯の孤児院から引き取られた黒人の女の子、故郷の家族を養うというプレッシャーを背負うコロンビア人の青年、ドラマのようなセレブ生活を送るリッチな女子高生、孟母三遷を絵に描いたような母を持つ日系イギリス人の姉弟…と、様々なバックグラウンドを持つ子どもたちがでてきます。目指すところは皆同じ。バレエのためにストイックな生活や厳しい練習もいとわない。そのひたむきさと、サポートする家族の愛に感動!最後のコンペのシーンは、まるで我が子を見守るような気持ちで泣きました」



『ブラス!』

1996年製作
監督・脚本:マーク・ハーマン
発売元:株式会社ショウゲート
本体価格:1,429円(+税)
(C)Channel Four Television Corporation and Miramax Film Corp.1996 All Rights Reserved

<あらすじ>
1917年、閉鎖寸前の炭鉱の労働者たちで結成されたブラスバンドが、ロンドンでのコンテスト出場を目指すという実話をベースにしたストーリー。失業の不安や日常生活の問題を抱え、ブラスバンドの練習にも身が入らないでいたメンバーたちだが、炭鉱閉鎖反対を訴え町の再生を目指すうち、音楽を通じて団結していく。

<ミーツマグスタッフのコメント>
「失業、家庭の不和、自殺と暗い話も出てくるんですが、決してジメジメしたところがなく、 見終わった後は爽快感さえ感じる描き方をしています。ヒリヒリとした辛い日常を生きながらも逞しく生きている労働者たちが、音楽を通じてさらに生き生きとしていく様子が泣かせます。 炭鉱での職業病から病に倒れた指揮者(ダニー)の病室の窓の下で、『ダニー・ボーイ』を演奏するシーンや、ラストの『威風堂々』演奏シーンは、どんなにつらい現実を抱えていても、それでも人生って素晴らしい!!と思わせてくれます」

《続きを見る》



『ゆれる』

2006年製作
監督・脚本:西川美和
販売元:バンダイビジュアル
本体価格:3,800円(+税)

<あらすじ>
故郷を捨てて東京でカメラマンとして成功した自由奔放な弟(オダギリジョー)と、そんな弟に嫉妬しながら故郷で家業を継ぎ、つまらない人生を送る兄(香川照之)。母の一周忌に弟が故郷に帰ったことから事件が起こる。兄弟と幼馴染の女性(弟の元彼女・真木ようこ)の三人は久々に故郷の渓谷に出かける。弟が二人から離れている間に、女性はつり橋から転落死してしまう。事故なのか、殺人なのか。兄が容疑者として逮捕され、弟は兄を助けようと尽力するが、兄弟間の愛憎はやがて二人の関係性も、証言をも豹変させていく。

<ミーツマグスタッフのコメント>
「サスペンスの要素が強いので、いわゆる泣ける映画ではないかもしれません。微妙な心の動きからすれ違っていく兄弟。二人が豹変していく様は見ていてハラハラ。見ていくうちに真実を知りたくなり、どんどん引き込まれる映画です。泣けるポイントは多くはありませんが、お互いを思う気持ちがかすかに感じられるラストでは、号泣というよりはじんわりと泣けます。どんなことがあろうとも決して切れないのが血縁関係なのだな、と思わせます」



『チェンジリング』

2008年製作 アメリカ 142分
監督:クリント・イーストウッド
本体価格:1,429円(+税)
発売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
(C) 2008 UNIVERSAL STUDIOS.All Rights Reserved.

<あらすじ>
1928年にアメリカで起こった実話を名監督イーストウッドが映画化。行方不明になった9歳の息子を探すシングルマザー(アンジェリーナ・ジョリー)は、5ヶ月後に警察から「息子さんが見つかった」と連絡を受ける。しかし、面会した少年は自分の息子ではなかった。当時腐敗しきっていた警察は、自らの功績を取り消されたくないがために別人を息子として押しつけ、「この子は息子じゃない」という母親の言い分を全く認めず、それどころか彼女を精神病院に強制的に入れようとする。息子を取り戻すために母親は権力と戦うことを決意するが、恐ろしい事実が次第に明らかになっていく。

<ミーツマグスタッフのコメント>
「信じ難いような衝撃的な話ですが、実際のエピソードが盛り込まれていてとてもリアリティがあります。息子を見つけ出すために必死で国家権力とさえ闘おうとする母親。子供を思う母親の気持ちが物語の軸にあるからか、やりきれない展開も胸を掴まれたようになり、目が離せません。子供のためなら、母親はここまで強く逞しくなることができるのかと思うと涙が出ます。髪を振り乱しながらも、 毅然とした強くて美しい母親を演じるアンジェリーナ・ジョリーの迫真の演技も見どころ」

From mama この記事を読んでくれたママからのメッセージです。
ほしさん

日記で発散

 悲しかったりくやしかったことも含め
毎日日記をつけてます。
出産後もです。
なんでモヤモヤしたかの原因を探してどうしたら解決できるか
第三者の目でみることができました。
だめなときは話を聞いてもらったり
楽しいことをします。

《続きを見る》

chancoさん
 産後、夜中の授乳中になぜだかわからないけど涙が出てくることがよくありました。その度、我が子がいとおしくてたまらなくなったな~おかげで寝不足によるイライラも乗り越えられたのかもしれません。
Miho*さん

家族ものに弱くなりました・・・

 産後は家族ものにめっぽう弱くなりました・・・。
小説、映画、ドラマ等色々ありますが、中でも自分の子供にはじめてお使いに行かせる、某有名TV番組は、見る度に大号泣・・・(笑)
お友達の結婚式では、なぜかご両親の立場で涙してしまう今日この頃です・・・
momoさん
 妊娠中は、テレビ番組で感動的なシーンが出るたびに号泣!旦那がビックリしていました(^^;; 落ち込んだりしていなくても、感情の振り幅がおおきかったです。
産後のほうが、ふと泣きたくなることが多かった気がします。
週末などにしっかり寝させてもらったり、泣きたいときはちゃんと泣いて、リフレッシュしていました!
つけておくだけだからとってもカンタン!MiltonCPでラクラク除菌

あなたの体験を募集しています

meetsmagではあなたのナマの声、体験を大募集!
こちらのフォームからご応募ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

画像の添付はこちら

※ 下に表示されたコードを入力してください
captcha