先輩ママとプレママのコミュニティマガジン「ミーツマグ」

妊娠 出産 子育て 先輩ママの体験談がいっぱい meetsmagのお話し広場 meetsmagのお話し広場

Vol.14 マタニティーブルー・産後うつ 産後って、心も体も不調になるの? 悩みやストレス、みんながどう乗り切ったか教えて欲しい! Vol.14 マタニティーブルー・産後うつ

産後のママは、子宮が元に戻ろうとするのにともなってホルモンバランスが乱れ、体調や気分をコントロールできなくなるもの。また、生活面でも、赤ちゃんのお世話で睡眠不足になったり外出もままならなかったり、急激な変化にさらされます。マタニティブルーの症状に気付いたら、早めに対処することが肝心! ママたちのリアルな声から、自分なりの対処方法を見つけていきましょう。

1. 氏名 2. 年齢 3. 子供の年月齢 4. 職業 5. 在住地 

1. 石橋さん  2. 33歳  3. 8歳 男の子  4. 兼業主婦  5. 東京都世田谷区 

赤ちゃんを泣かせないように、とにかく必死!

 初めての赤ちゃんとの生活は、眠れない、ゆっくり食べられない、トイレも行けない、会話もない、という状態で精神的にいっぱいいっぱい。いま思えば、赤ちゃんが少しぐらい泣いていても大丈夫なハズなのに、赤ちゃんを乗せたハイチェアーをトイレの前まで持ってきて、ドアを開けっぱなしで用を足したり、とにかく赤ちゃんを一秒でも泣かせないようにと、なんだか必死だった。安産だったためか、産後はあまり体のダメージも感じず回復も早かったように思う。だからこそ、かえって頑張りすぎちゃっていたのかな。退院するときも自分で荷物を車のトランクに積み込んで、たまたま来ていた友人に驚かれたり。当時は若かったから、動くのも苦にならず、体力的にはしんどくなかったけど、「産後は体を休めないと更年期に影響が出る」という話を最近聞いて、今さら不安になってるんだ〜。  ただ、当時のことを振り返ると、夫は「大変だったでしょ」と言ってくれる。私が必死だったことは分かってくれてるみたいで、ちょっと救われるよね。
1. 荻野さん  2. 37歳  3. 6歳 女の子  4. 専業主婦  5. 東京都世田谷区

実家をうまく頼って産後うつ回避!?

 私はラッキーにも、マタニティブルーも産後うつもまったく経験しなかったの。うちは家事の分担はなくて、すべて私一人でこなしてる。夫はマイペースだから、産前産後で協力的になったということはなかったし、期待もしてなかったけどね。(笑) それでも産後うつに陥らなかったのは、実家がすぐ近くにあって、何かあればすぐ頼れる、という環境のおかげ。夫が娘と関わることを楽しむようになったのは、歩き始め、しゃべり始め、コミュニケーションが取れるようになってから。女性は妊娠中から徐々に母親の自覚が芽生えるけど、男性は産まれてからなんだよね。スタート地点がすでに違うから仕方がないのかも。  産後は、実家で上げ膳据え膳、とにかくゆっくりさせてもらった。産後の体の回復やうつにならないためには、精神的にリラックスすることがとても大事だと感じたよ。相談できる人や甘えられる人が近くにいることが重要なんだよね。
1. 村田さん 2. 37歳  3. 6歳女の子 1歳女の子   4. 専業主婦  5. 神奈川県川崎市 

マタニティブルーになったおかげで、産後が楽に!

 マタニティーブルーとはちょっと違うかもしれないけど、二人目の出産予定日が過ぎたあたりから、急にお産の痛みを思い出して怖くなっちゃった。それまでずっと忘れていたのに、いざお産が近づいてくると、大変さがよみがえってきて・・・。それで、急きょ、無痛分娩に切り替えてもらったの! 無痛分娩は自然分娩にくらべてお産がとても楽で、産後も心身の回復も早かった。思い切ってギリギリで変更して本当に良かった!
1. 小潟さん  2. 38歳  3. 2歳 男の子  4. 専業主婦  5. 東京都武蔵野市 

思いを共有できるママ友を見つけて!

 産後は、色んなことが自分の思うようにいかず、ついイライラしちゃう。原因は、自分の時間が持てないこと。やっと最近、2、3時間自分の時間をもらえるようになったんだ。気分転換しなきゃね! 私は、市の育児相談を利用して、おなじ境遇のママたちと思いを分かち合うことで産後うつを乗り越えた。夫といえども、ママならではの悩みって、男性に話しても共感は得られないと思う。同じ境遇の人じゃないとね。私はママ友を作って、お互いの抱える気持ちを共有するようになって、だいぶ楽になったよ。

1. 成川さん  2. 39歳  3. 3歳 女の子 双子  4. 専業主婦  5. 埼玉県さいたま市 

双子を抱えて、とらわれの身!?

 双子だったせいか体が重くて、妊娠中からなにかと落ち込みやすかった私。出産後はもっとそうなるのが目に見えてたから、退院後は実家に戻って半年以上もゆっくり休養させてもらってたの。それでも、親の手を借りないと外出もままならなくて、ブルーになることが多かった。双子用のバギーって、自動改札も通れない、ドアも開けづらい、場所をとるからエレベーターにも乗りづらい。たった一人で、これを押してバスや電車に乗るなんてありえない! そんな感じで、自分一人で子供たちを連れて外に出るなんて、一年はできなかったよ。街に出ると感じるのが、まだまだ、社会は子供を連れて母親が出歩くことにたいして寛大じゃないってこと。双子なんてなおさら大変。産後はとにかく閉じ込められてる感じがして、つい最近まで産後うつみたいな状態は続いてた。でも、社会はすぐに変われないから、車の免許を取るとか、思い切ってしばらく子供を預けるとか、自分が行動を起こすことが必要だね。
1. 市川さん 2. 32歳   3. 5歳 女の子・3歳 女の子  4. 専業主婦  5. 神奈川県藤沢市 

意識して子供と離れるのがコツ

 長女を出産後、ささいなことで悲しくなったり、急に涙もろくなったりしたなー。そのときは、母親学級などに通い、同じ月齢の赤ちゃんを持つママ友と悩みを共有することで自然と解消されていった、て感じ。一人目でまだ余裕があったんだと思う。お友達のお家にも積極的に遊びに行ったり、家にお客さんを招くことも、意識してよくやってた。  次女を出産したときは、引っ越しが重なって、人生で一番つらい時期だった。布団から起き上がることもできないくらいのうつ状態だった。新しい土地で、友だちもいなくて地域になじめないことで悩んでたんだよね。子育て支援センターに子供たちを連れて行って遊ばせながら、ボランティアの職員の人に話を聞いてもらってた。そこでは、ママたちだけで、2時間、お茶とお菓子をいただきながらおしゃべりする会、という催しをやっていて、子どもを預けて参加してみたの。自分の子供の泣き声も聞こえないよう配慮してくれてた。みんな同じように悩んでるママばかりで、気持ちがスッキリしたな。専業主婦でも共働きでも、子どもが小さいうちは、子どもから少しでも離れられる機会というのは、意識して作らないとなかなか出来ないもの。でも離れるからこそ、可愛さも愛おしさも再確認できるんだと思う。気持ちをリセットしてまたやり直す、毎日その繰り返しだったな〜。
1.水田さん  2.32歳  3.6ヶ月 男の子  4.美術系学芸員  5.埼玉県川口市 

夫の前で泣きじゃくった日

 産後うつ、とまでは言えないかもしれないけど、寝不足が精神的余裕を奪っていたことは確か。一度、退院して1ヶ月たったころ、不安がいっぱいになって私がえんえん泣いたら、夫が心を入れ替えたように優しくなって。助けてほしい時は、誰でもいいからすぐに「助けて!」と伝えることが大切だと実感。プレママ友だちはいたけど、なかなかナイーブな気持ちは打ち明けにくいもの。夫は慣れないながらも私を支えようと頑張ってくれて、それが分かるだけでも、一人じゃないんだ、と不安感が薄らいだな。
つけておくだけだからとってもカンタン!MiltonCPでラクラク除菌
from mama この記事を読んで投稿してくれたママからの体験メッセージです
☆ 山田さん
1. 38 歳 2. 年月齢 歳 9ヶ月 3. 自営業 4. 岐阜県 5. わからない  6. わからない 7. 読書 散歩 8. インターネット

一人で抱えない

皆さん同じ事をアドバイスすると思いますが、やはり「一人で悩まない」事が肝心だと思います。私はサークル活動に参加して、月に一度同じ世代の子を持つお母さん達と集まっていました。子供に感じる悩みはみんな同じなんだなぁ・・・と、わかっただけでも気持ちが楽になりましたよ!
☆ 鈴木さん
1. 38 歳 2. 妊娠7ヶ月 年月齢2歳 8ヶ月 3. 自営業 4. 東京都 5. わからない  6. わからない 7.  8.  

皆さん、感じているんですね。私もなぜか苛々したり、必要以上に心配したり、産後実家にお世話になっている時に沐浴中に赤ちゃんを滑らせてお湯に落としてしまった後に、週末会いにきた旦那にごめんなさいといった記憶があります。今思えばなんで誤ったのかしら?ですが。。。
なにかしたら大変!駄目!みたいな変なプレッシャーを自分にかけていたかも。
でも、支援センターに行くようになって色々な方と同じ悩みなどを話してすっきりしてきました。
☆ ゆきえさん
1. 37 歳 2. 年月齢 3歳 3ヶ月 3. 専業主婦 4. 埼玉県 5. 無し  6. 無し 7. 楽器演奏 8. インターネット

寝不足で意識朦朧(~_~;)

 初めの出産はマタニティブルーはなかったものの、陣痛が前日夜から始まっていた為、寝不足の状態で出産し、産院での夜中の授乳まで手を抜くことができず、寝不足のまま退院…もちろん、そこから底無しな寝不足地獄に突入、…断乳まで。
ウツと言うのか?ウツとは違ったと思うけど、頑張り続けて乗り越えた感じだった。
それに加え夜泣きをしたので、神頼みな感じな時期があり、あの時を思うと、イっちゃってたなぁ(~_~;)周りに相談はしていたので、今では笑い話だけど。その代わり、初めが大変だったので下の子達の産後は精神的にも肉体的にも楽だったな。
☆ 白川さん
1. 46 歳 2. 年月齢3歳 6ヶ月 3. 自営業 4. 東京都 5. 無し  6. 有り 7. 映画 8. 口コミ 

入院しているとき

 何日かしてだんだん不安になったりよくわからなかったりで意味もわからず泣いたりしてました!今思えば産後うつだったのかな~と思いました、区で派遣してくれる保健婦さんにはいろいろ質問され少し心配だと普通は1人に1回の家庭訪問だけど私には2回も来てくれました!不安なことばかりだったのでいろんなことを聞けて助かりましたしありがたかったです~毎日来てくれたらどんなにいいかとか現実離れしたことを考えたりしてました。帝王切開だから動けないので同じ月齢のママ友とメールとかといろんな悩みや愚痴や思いなどを吐き出し随分救われました、妊婦のうちに病院で開いてくれたママ友作ろう会とか区で開催されるやはり同じ月齢のママと出会える場所に顔を出しておいて友人をたくさん作れたことは本当 良かったことで妊婦の皆さんには是非お薦めしたいことの1つです~
生まれてから公園や児童館などでたくさん出合いはあるけどその場かぎりでなかなか友人を作るのは難しいからです。

話せる人がいることしかも同じ悩みや環境の人たちは貴重な存在です。
☆ 遠藤さん
1. 35 歳 2. 年月齢 2歳 1ヶ月 3. 専業主婦 4. 神奈川県 5. 無し  6. わからない 7. まち歩き 8. インターネット

 

産後鬱とまではいかないかもしれませんが、長男出産後、どうやって子供に接していいかわからなかった中、自分が抱っこしても泣き止まない長男が、私の母に抱っこされると泣き止んだのをきっかけに「私なんか悪い母親なんだ!」みたいなことを叫んで号泣したことが一度だけありました(笑)今考えてみるとなんで!?と思ってしまいますが、あとから振り返るとちょっと尋常じゃない精神状態だったのかな?と思えます。その後長女を出産しましたが産後鬱になることはありませんでした。それより長男の赤ちゃん返りがひどくて、その方に気を取られ自分の気持ちに向き合う時間はありませんでした。でもその方がよかったのかもしれません(笑)
☆ 土屋さん
1. 29 歳 2. 年月齢1歳 9ヶ月 3. その他 4. 東京都 5. 無し  6. 無し 7. 子ども服つくり 8. インターネット 

赤ちゃんの泣きに敏感になりました。

 今から思い出すと、産後は本当に子どもの泣き声に敏感でした。泣いたら何とかして泣き止ませようってがんばったり、あんまり泣かせないように気を遣い過ぎたり。
もっと素直に周りの人に助けを求められたらどんなに楽だったか…でもあの時は本当に目の前の我が子で頭がいっぱいいっぱい。誰かに求める余裕すらなかったのかな、と・笑
産後はホルモンバランスが崩れるせいで涙もろくなると言われてたけど、本当にそうで、わたしも時々泣いてることもありました。
☆ 星さん
1. 38 歳 2. 年月齢1歳 11ヶ月 3. 専業主婦 4. 東京都 5. わからない  6. 有り 7. 映画鑑賞、絵を描くこと 8. 口コミ 

区の施設に感謝しています。

息子はなかなか寝ない子でいつも泣いてばかり。布団に置くと泣き喚くので
かわいいと思うことがありませんでした。
主人はいつも朝帰りか帰宅もしないほどの忙しさで話もできません。私はたまりにたまって鬱っぽくなっていました。
すこし月齢がすすみ、区の支援センターや、
母親学級などに参加できるようになって
周りの人と接するようになると気分がかわりました。


【よろしければアンケートにご協力ください】
1. ママの年齢
 ・
2. 子どもの年月齢
 ・妊娠 ヶ月
 ・年月齢歳 ヶ月
3. 職業
 
4. 在住地
 

5. マタニティブルーの有無
 有り無しわからない
6. 産後鬱の有無
 有り無しわからない
7. 趣味
 
8. 情報収集方法
  インターネット口コミその他
 その他
-------------------------------------------------

あなたの体験を募集しています

meetsmagではあなたのナマの声、体験を大募集!
こちらのフォームからご応募ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

画像の添付はこちら

※ 下に表示されたコードを入力してください
captcha